~自分を諦めてる人が、自分を知り、自分の人生に挑戦するために~

人の悩みの原因となるビリーフ『考えてはいけない』

 
人の悩みの原因となるビリーフ『考えてはいけない』
この記事を書いている人 - WRITER -
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。元社畜SEで2017年にうつ病と椎間板ヘルニアを発症して退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

ライフコーチの大野 貴之です。

ブログへのご訪問ありがとうございます。

今日からは人の悩みの原因となる24個のビリーフについて、1つ1つ解説していきます。

今日扱うビリーフは『考えてはいけない』です。

※ビリーフって何?といった方は以下の記事を先にご覧ください。

 

『考えてはいけない』はどんなビリーフ?

考えてはいけない』のビリーフは『成長してはいけない』の派生形で、「自分では考えられないから誰かに考えて欲しい」といった感覚を持っています。

自分で考えることに苦手意識を持ち、人から意見を求められると頭が真っ白になったりパニックになる場合も。

他にも、考えるけど結論が出ない(本質ではない部分を延々と考えるが、肝心な部分は考えられず結論が出ない)状態になる人も多いでしょう。

 

『考えてはいけない』による影響

考えてはいけない』のビリーフによる影響は以下のようなものがあります。

このビリーフを持つ人は全てあてはまるという意味ではなく、あくまでその傾向があるといった前提でご覧ください。

 

服従的な対処行動

  • 自分の意見や考えを持てない
  • 人にすぐ「どうしたらいいですか?」と聞いてしまう
  • 考えることを先延ばしにしてしまう
  • 考える前に感情的になる
  • 「自分は頭が悪い(から考えられない)」と思っている

反抗的な対処行動

  • 考えてばかりで結論が出ない
  • 本質ではない所ばかりを考えてしまう
ポイント

本質ではない周辺ばかりを考えるとは、資格勉強のために参考書の選び方の本を買うなど、無関係ではないがそこを考えても結論は出ない所ばかり考えるです。しかし、どれだけ考えても結論は出ないので、「やっぱり自分は考える力がない」とビリーフを強める結果になってしまいます。

 

『考えてはいけない』が刷り込まれる場面

幼少期に過保護な親から「お前は考えなくていいから言われたことをやってればいい」などと言われると、子どもは『自分は考えなくていい(考えてはいけない)』と思い込む可能性があります。

他にも以下のような場面で『考えてはいけない』が刷り込まれる可能性があります。

■ 刷り込みの場面

  • 「親の言う通りにしなさい」と言われて育った
  • 自分の考えに対して親がいつも否定的だった
  • 自分の考えを親にバカにされた
  • 親が感情的で考えない人だった
ポイント

※この場面では必ずビリーフが刷り込まれるといった意味ではありません。あくまで本人がどう受け取ったか次第であり、刷り込まれる可能性を示しています。

 

まとめ

考えてはいけない』のビリーフは「自分で考えなくても誰かが考えてくれる」「自分で考えてもろくな結果にならない」のような感覚をもち、自分の意見や考えを持てないビリーフです。

人から意見を求められると頭が真っ白になったり、「自分は頭が悪い」といった間違った思い込みを持っている人も多いでしょう。

しかし、これはあくまでビリーフなので「思い込み」。実際はこれまで考えてこなかったから考える力が弱いだけで、決して自頭が悪いわけではありません

このビリーフが緩まってくると、自分で考えられるようにはなりますが、すぐに意見がバンバン出てくるわけではないので地道な練習は必要です。

 

自分のビリーフを知ることは悩みを根本から解決するための第一歩になります。

まずは日々の行動を振り返り、自分にはどんなビリーフがあるか注意深く観察してみて下さい。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ライフコーチ 大野 貴之

 

7日間メールコーチング

ライフコーチングのエッセンスをメール形式で体験できます。

毎日の問いに答えることであなたの見え方や考え方が変わるかもしれません。

7日間メールコーチング

ライフコーチングのエッセンスを
メール形式で体験できます。

毎日の問いに答えることで
あなたの見え方や考え方が
変わるかもしれません。

この記事を書いている人 - WRITER -
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。元社畜SEで2017年にうつ病と椎間板ヘルニアを発症して退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Takayuki Oono Official Website , 2021 All Rights Reserved.