~自分を諦めてる人が、自分を知り、自分の人生に挑戦するために~

自分史 会社員時代①

 
自分史 会社員時代①
この記事を書いている人 - WRITER -
ライフコーチ 大野貴之
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。子供の頃の習い事はピアノ・公文式・水泳。「なぜこんなこともできないの!」と、毎日親から言われ続け「自分は能力がない」と思いこみ、「どうせやっても意味ない」が口癖に。関西学院大学に入学後、「ずっと諦めてきた自分には、やりたいことも将来の夢も何もない」と学ぶ意味を見失い、3ヶ月“半引きこもり”に。卒業後、唯一内定が出た東証一部上場IT企業にSEとして8年間勤務。2017年、6ヶ月連続150時間残業により、うつ病と椎間板ヘルニアを発症。腰痛で寝返りも打てず“死”を意識した事で「もっと自分のために生きたい!」と心の声を聞き、年末に退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。昼夜逆転に9年悩んでいたクライアントの生活改善をサポートするなどの実績がある。
詳しいプロフィールはこちら

2009年3月:関西学院大学商学部卒業
2009年4月:株式会社日本システムディベロップメント(現:株式会社NSD)に入社

 

いつも消えない寂しさがあった

社会人になり上京した僕は、初めての東京、初めての一人暮らしということで、最初の頃は毎日がワクワクの連続でした。ただ、その一方で常にどこか満たされない感覚があったように思います。

今の自分は本当の自分じゃない」「ここは自分の居場所じゃない」「一時的にここにいるだけだ

そんな感覚があったからか、会社の同僚や先輩と深く関わることを避けてしまい、いつも無意識に壁を作っていました。そして休みの日は、同じく就職と同時に上京した昔からの友達とだけ遊ぶようにしていました。

今にして思うと、自分の中の潜在意識が常に訴えかけていたのかもしれません。でも、自分自身と向き合うことができなかった当時の僕にはそんな声は一切聞こえず、ただただ原因のわからない虚無感や孤独感に苦しみ続けていたんです

 

自分がわからず将来に絶望する

とはいえ、仕事は仕事なので一生懸命に働きました。当時の現場で最も優秀で実質的なリーダーだった先輩から「今までで面倒を見た後輩の中で2番目に優秀だ」と言って頂けるなど、そこそこ評価もして頂いていました。

でも…全くもって仕事が楽しいとは思えませんでした。それどころかむしろ、IT企業特有の細かすぎるチェック作業や、下請け作業特有の「理由なんて知らなくていいから言われたことをやれ」という仕事スタイルに嫌悪感すら抱いていました。

そうして3年が経ったころ、僕は上司に「仕事を辞めたい」という意志を伝えました。すると上司が一言こう言ったんです。

辞めて、これからどうするの?

…全く答えが見つかりませんでした。

 

「俺って他に何かできることあるんやろうか?」

「…いや、あるわけないよな。」

「それに今の仕事も満足にできてないようなやつが、どこかから必要とされるんやろか?」

「…いや、そんなわけないやろ。」

「…あぁそっか、俺のような奴はこの会社に捨てられたら、もう生きていく場所はないんや…」

 

そんな結論が出るまで1分もかかりませんでした。

「すみません、やっぱりこれからも頑張ります。」

気が付けば、僕はそう答えていました。

この時まだ25歳、今にして思うと諦めるには早すぎる年齢ですが、当時の僕は本当に視野が狭く、未来のことを考える習慣も全くなかったので、本気でこう思ったんです。

それから僕は考えるのを辞めました。「自分は今刑務所にいて、正月とGWの年に2回、地元の家族や友達に面会することができる。それを生きがいに頑張ろう。

そう思って、ただ目の前の仕事をこなすことだけを考えて生きるようになってしまいました。

 

それでもゆずれなかったもの

そんなボロボロな社会人生活でしたが、それでも仕事をする上で僕なりにゆずれない事が2つありました。

一つは『相手にとっていかにわかりやすいか?を一番に考えること

メールを出す時、設計書などのドキュメントを作成する時、初めて見た人がいかにわかりやすいか?いかに見やすいか?を常に意識してました。というか、そこを疎かにする人やドキュメントが何故か許せなかったんですよね。

しかし、当時の現場では必要な情報が入っているか?論理矛盾がないか?が守られていれば良いという考えが主だったので、わかりやすさや見やすさを気にする僕の考えはあまり理解してもらえませんでした。「着眼点がズレてる」なんてこともよく言われたなぁ…汗

そしてもう一つは『後輩を大事にすること

とにかく忙しい現場だったので、若手はほったらかし、もしくははみ出た仕事を押し付ける場所、といった扱いばかりでした。そして、若手がすぐに仕事を辞めたり、メンタルをやられて休職したりということがかなり多かったんですね。

僕には力がなかったので何も状況は変えられなかったけど、関わる後輩だけは少しでも気持ちよく仕事をしてもらいたい。そんな想いが人一倍強かったように思います。

今にして思えば、これらは僕の強みでもあったんですよね。当時はそんな風には思えず、自分はズレているという思いが強かったけど、相手の気持ちを想像できる『共感力』だったり、若い芽が育つことに歓びを感じる『成長促進』などの資質が表れていたんだと思います。

こうやって振り返ってみると、何もないと思ってた会社員生活の中にも自分を知るチャンスなんて至る所に散らばってたんだな~って本当に思いますね。

 

▼続きはコチラ
自分史 会社員時代②

 

ホームページに訪れて下さった方全員に
無料のE-Bookをプレゼントしています。

「自分には何もない」

「どうせ自分なんて…」

そうやって自分を諦めてる人が、自分を信じるためにはどうすればいいのか?

自分のことが好きで、自分を信じている人とは何が違うのか?

そんな【❾つの秘密】をまとめてみました。

是非今のうちにゲットして下さい。

※注意点※
E-Bookはメールレターにご登録頂いた方にプレゼントしています。
ボタンを押すと、メールレターの登録画面に移動しますので、
こちらに同意される方のみE-bookをダウンロード下さい。

この記事を書いている人 - WRITER -
ライフコーチ 大野貴之
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。子供の頃の習い事はピアノ・公文式・水泳。「なぜこんなこともできないの!」と、毎日親から言われ続け「自分は能力がない」と思いこみ、「どうせやっても意味ない」が口癖に。関西学院大学に入学後、「ずっと諦めてきた自分には、やりたいことも将来の夢も何もない」と学ぶ意味を見失い、3ヶ月“半引きこもり”に。卒業後、唯一内定が出た東証一部上場IT企業にSEとして8年間勤務。2017年、6ヶ月連続150時間残業により、うつ病と椎間板ヘルニアを発症。腰痛で寝返りも打てず“死”を意識した事で「もっと自分のために生きたい!」と心の声を聞き、年末に退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。昼夜逆転に9年悩んでいたクライアントの生活改善をサポートするなどの実績がある。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Takayuki Oono Official Website , 2018 All Rights Reserved.