~自分を諦めてる人が、自分を知り、自分の人生に挑戦するために~

自分史 会社員時代②

 
自分史 会社員時代②
この記事を書いている人 - WRITER -
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。元社畜SEで2017年にうつ病と椎間板ヘルニアを発症して退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。
詳しいプロフィールはこちら

客先への出向を機に仕事環境が大きく変化。

周りの人々から自由と責任を学び、初めて自分の自信にも繋がる結果に。

 

4年目に訪れた転機

皮肉なことに、感情を殺してただ目の前の仕事をこなすようになってからは、徐々に仕事でも評価されるようになっていきました。

そして入社4年目の終わり頃、超大規模プロジェクトのサポートメンバーとして抜擢され、お客様の元に出向することに。

抜擢されたのは3人で、そのうち2人は課長クラスな上に自社の人間ではない。つまり実質一人でお客様の元に出向くことになりました

元々、自分の能力に自信がなかった僕にとってこの大抜擢はとてつもないプレッシャーでしたが、結果的にこの異動が僕にとって大きな転機となったんです

 

自由と責任を学ぶ

僕が派遣された所は誰もが知るような大企業であり、働く人たちもこれまでとはレベルが違う優秀な方ばかりでした。

そしてそんな方々と一緒に仕事をしているうちに、これまでの環境とは異なる点がいくつかあることに気付いたんです。

一つ目の違いは『仕事に対する責任』。

これまでの現場では仕事の責任はチームリーダーにあり、配下のメンバーはただその人に言われたことをやるだけでした。

しかしここでは、チームではなく一人一人が別の仕事を持っており、それぞれがその仕事に責任を持っているようでした。

次に気付いたのは『仕事への主体性』。

これまでの現場では『言われたからやる』のであって、自ら率先して動く人はほとんどおらず、「そんなことをしても損するだけ」という空気すら漂っていたんですよね。

しかしここでは、『自ら考え、自ら動く』という考えが当然のようでした。だからこそ、責任を持ってるようにも見えたのかもしれません。

そして最後に、何より一番の違いだと思ったのは『自由に仕事をしている』という所。

どの人もかなり忙しくて、非常に大変そうでしたが『やらされている感じがしない』。これは本当に大きな違いでした。

僕はこれらの違いに気付くことで、自由と責任は2つで1つの関係性だと学べたように思います。

 

初めて手にした自信

僕が派遣されてから1年ほど時間が経った頃、サポートメンバーは3人から6人に増え、僕はテストチームのリーダーを任されていました。

この頃は朝から晩まで会議ばかりで、毎日遅くまで残業をしていたんですが、それでもあまり辛いと思うことはなく、むしろ自分の仕事にやりがいを感じていましたね

そんなある日、僕はサポートチームのリーダーの方からこんな言葉を頂いたんです。

大野さんの報告書は本当にわかりいやすい。ここまでわかりやすくできる人はなかなかいないと思うよ。自信もっていいんじゃない?

僕はこれを聞いた時、本っっ当に嬉しかったです。ずっと意識してきた『相手へのわかりやすさ』を褒めてもらうことがこれまでなかったので、初めて報われたような気がしました

これをきっかけに、自分の仕事に対して少し自信がついたような気がします。自分が正しいと思うことを信じて続けていればいつか報われるとこの時は思えたんですよね。

そして派遣されてから1年半くらいの頃、サポート対象だった超大規模プロジェクトも無事終わり、サポートメンバーの任期を終えた僕は元の現場に戻ることになりました。

この時の1年半は、僕の会社員生活の中でも最も充実した時間だったと今でも思います。

 

続きはコチラ⇒【自分史 会社員時代③

 

まずは体験セッションに
お申し込み下さい!

※ご希望の方のみセッション終了後に継続コーチングのご案内をさせていただきます。
※体験セッションを受けたからといって継続コーチングを強制することはありません。

まずは体験セッションに
お申し込み下さい!

※ご希望の方のみ終了後に継続コーチングのご案内をいたします。
※継続コーチングを強制することはありません。

この記事を書いている人 - WRITER -
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。元社畜SEで2017年にうつ病と椎間板ヘルニアを発症して退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Takayuki Oono Official Website , 2018 All Rights Reserved.