~自分を諦めてる人が、自分を知り、自分の人生に挑戦するために~

【達成欲】ストレングスファインダー®学習メモ

 
【達成欲】ストレングスファインダー®学習メモ
この記事を書いている人 - WRITER -
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。元社畜SEで2017年にうつ病と椎間板ヘルニアを発症して退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

ライフコーチの大野 貴之です。

ブログへのご訪問ありがとうございます。

今日はストレングスファインダーの資質「達成欲」について、僕が学んだ事に対するメモを残してみようと思います。

このメモがストレングスファインダーについて知りたい方のお役に立てれば幸いです。

 

ストレングスファインダー®の資質「達成欲」とは

まずはギャラップ社による「達成欲」の解説をご覧ください。

達成欲
達成欲という資質を持つ人は、並外れたスタミナがあり、旺盛に仕事に取り組みます。自分が多忙で生産的であることに、大きな満足感を得ます。
(引用:クリフトンストレングス

上記のように、「達成欲」は常に何かに取り組んで達成し続ける資質です。

“完了”することが大好きなので、常に何かに取り組んでいるなど忙しい状態を好みます。また、より多くの成果を求めるため比較的バイタリティの高い人が多いです。

それは仕事中だろうがプライベートだろうがおかまいなしで、どんどん予定を詰め込んで次から次へと完了させていくことに快感を覚えます。

その反面、仕事に終わりがなくなったり、倒れるまで予定を詰め込みすぎてしまう所があります。また、その行動量を他人にも強要してしまう場合もあるでしょう。

 

「達成欲」の特徴(強み/弱み)

資質とはあくまで特徴であり、それは強みにも弱みにもなり得ます。

ここでは「達成欲」の強みと弱みについていくつか事例をご紹介します。

「達成欲」強み使いの事例

  • とにかく忙しいのが好き
  • やることが多い方が燃える
  • バイタリティ・体力に溢れている
  • 何もしない時間がもったいない!
「達成欲」弱み使いの事例

  • 倒れるまで予定を詰め込んでしまう
  • 仕事に終わりがない(延々とやり続ける)
  • 何もしていないと罪悪感を感じる
  • 周りにも自分のペースを求めてしまう

 

まとめ

「達成欲」を持つ人は、とにかく何かを完了させるのが好きで、常に何かに取り組んでいるバイタリティの高い人です。

しかしその反面、あまりにやることを詰め込み過ぎて倒れるまで忙しいことに気付けなかったり、そのペースを周りの人にも強要してしまうこともあります。

そのため「達成欲」を上位に持つ人は、作り上げたtodoリストを客観的に見て、本当に全てこなすことができるのかを冷静に考える癖をつけるようにしましょう。

また、周りの人はあなたほど体力がないことも理解しておかないといけません。

 

ちなみに僕は「達成欲」が27位です。

通常であれば全く使えない順位なのですが、実はけっこう達成欲と似た行動を取っていました。

それは常に何かをしていないと不安で、移動中だろうと入浴中だろうと、下手をすればトイレの中まで、常に何かしらをやるようにしていました。

そしてそんな日々が続くとある時急に体調を崩して寝込んでしまうといったことも何度かありましたね…

これが他の資質が影響していたのかどうかはわかりませんが、今思うと、本来自分にはない感覚だけどそれくらいしないといけないといった恐怖や不安があったのかもしれません。

でも元々体力もなく、達成欲が上位にあるわけでもないのに無理をしていたので良く体調を崩していたという可能性もあります。まぁ今となってはわかりませんけどね。最近はもうありませんし。

 

最後に、ストレングスファインダーの資質は他の資質との組み合わせでその人を特徴づけます

そのため、必ずしも全員がここでご紹介した通りの特徴があるとは限りませんので、その点はご了承ください。

 

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

ライフコーチ 大野 貴之

まずは体験セッションに
お申し込み下さい!

※ご希望の方のみセッション終了後に継続コーチングのご案内をさせていただきます。
※体験セッションを受けたからといって継続コーチングを強制することはありません。

まずは体験セッションに
お申し込み下さい!

※ご希望の方のみ終了後に継続コーチングのご案内をいたします。
※継続コーチングを強制することはありません。

この記事を書いている人 - WRITER -
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。元社畜SEで2017年にうつ病と椎間板ヘルニアを発症して退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Takayuki Oono Official Website , 2020 All Rights Reserved.