~自分を諦めてる人が、自分を知り、自分の人生に挑戦するために~

少し頼りなさを感じてしまいました

 
この記事を書いている人 - WRITER -
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。元社畜SEで2017年にうつ病と椎間板ヘルニアを発症して退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。ライフコーチの大野貴之です。

この記事では、クライアントさまのライフコーチング体験談を掲載させて頂きます。

 

クライアントさまについて

クライアントさまについて
  • お名前:M.Aさま
  • 性別:女性
  • 年齢:40代
  • ご職業:会社員

 

クライアントさまの声

コーチングを受ける前後でどのような変化がありましたか?

自分が思っていることや考えていることがクリアになったように感じます。

そして思いを実現するためにどうすればよいのかが少し見えてきたような気がしています(まだ踏み出せていませんが…)

 

コーチ(大野)の印象はどうでしたか

勝手な印象ですが

第一印象:お若い

第二印象:一生懸命でまじめ

とても話しやすかったです。

どんな方にお勧めしたいですか?

これも何となくですが、あまり自分に自信が持てていない人、自分の強みを見つけ切れていない人、抱えている不満をどうにか解消したいと思っている人、など

 

その他(ご自由に)

お仕事をしながらコーチングもされているとのことで、頭が下がりました。

ライフコーチは主婦の方などにも需要があるのではないかと思うので、時間の制限(夜遅めの時間帯の選択肢が多いなど)があるのはもったいないなと思いました。

また、私が最初にコーチングを受けたコーチが比較的年配の方だったということもあって、少し頼りなさを感じてしまいました。

ではそれをどう改善すればよいのかというとなかなか考えが及ばずで申し訳ないのですが、

『お、こんな切り口の質問があったのか』みたいに思えるやりとりが増えるとよいのかなと思いました。

 

7日間メールコーチング

ライフコーチングのエッセンスをメール形式で体験できます。

毎日の問いに答えることであなたの見え方や考え方が変わるかもしれません。

7日間メールコーチング

ライフコーチングのエッセンスを
メール形式で体験できます。

毎日の問いに答えることで
あなたの見え方や考え方が
変わるかもしれません。

この記事を書いている人 - WRITER -
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。元社畜SEで2017年にうつ病と椎間板ヘルニアを発症して退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Takayuki Oono Official Website , 2021 All Rights Reserved.