~自分を諦めてる人が、自分を知り、自分の人生に挑戦するために~

時間は自分で作るもの

 
時間は自分で作るもの
この記事を書いている人 - WRITER -
ライフコーチ 大野貴之
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。子供の頃の習い事はピアノ・公文式・水泳。「なぜこんなこともできないの!」と、毎日親から言われ続け「自分は能力がない」と思いこみ、「どうせやっても意味ない」が口癖に。関西学院大学に入学後、「ずっと諦めてきた自分には、やりたいことも将来の夢も何もない」と学ぶ意味を見失い、3ヶ月“半引きこもり”に。卒業後、唯一内定が出た東証一部上場IT企業にSEとして8年間勤務。2017年、6ヶ月連続150時間残業により、うつ病と椎間板ヘルニアを発症。腰痛で寝返りも打てず“死”を意識した事で「もっと自分のために生きたい!」と心の声を聞き、年末に退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。昼夜逆転に9年悩んでいたクライアントの生活改善をサポートするなどの実績がある。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。ライフコーチの大野貴之です。

この記事では、クライアントさまのライフコーチング体験談を掲載させて頂きます。

 

クライアントさまについて

クライアントさまについて
  • お名前:K.Mさま
  • 性別:女性
  • 年齢:30代
  • ご職業:大学事務員

 

クライアントさまの声

コーチングを受ける前後でどのような変化がありましたか?

「自分の気持ちを言語化すること」の重要性が、より明確になりました。

以前より、日常生活を客観的にみつめられるようになったと思います。

コーチング中、自分の中からいろんな言葉が出てきて、私はこんなことを感じてるんだと気づきが深まりました。

まだまだ自分の負の感情を受け止めるのは抵抗がありますが、それでいいんだと思えるようにもなりました。

 

コーチ(大野)の印象はどうでしたか

聞いてくれる!というのがとても安心できました。

脈絡なく話していても急かすことなく話し終わるのを淡々と待ってくれました。

そしてこういうことですか?と的確に、客観的にまとめてくれ、気持ちの整理がつきました。

 

どんな方にお勧めしたいですか?

目標が明確な人もそうでない人にも。今より少しでも前に進みたい人に。

 

その他(ご自由に)

子育て中でコーチングの時間を寝かしつけの後に頼んでいたので、おそらくみなさんよりコーチングのスタート時間が遅くなってしまいましたが、終わると毎回明日からまた頑張ろうと思えました!

紹介HPでもあったように、ご自身の経験からこの仕事を選ばれたとのことで、クライアントの成長を純粋に願っているのが伝わります。

迷われてる方はまず相談からしてみてはいかがでしょうか。

 

コーチ(大野)のコメント

Kさん、ご感想ありがとうございました!

この方はご感想にも書かれているように、お子さんを寝かしつけた後のセッションだったため、毎回23時からスタートでした。

仕事・家庭・子育てというトリプルワークといってもいいほどの多忙な状況の中、それでも23時から自分に向き合う時間を作るということはなかなかできる事じゃないと思います。

こういった姿勢を見ていると、時間は降ってくるものじゃなく自分で作るものなんだと改めて気付かされますね。

見習わないとなぁとこちらも勉強になりました!

そして最近は、これまで蔑ろにしていたご自身の本当の気持ちに気付き始めたように見えます。

これからどんどん本当の自分の気持ちを尊重していけるといいですね!

Kさん、改めてありがとうございました!

 

ホームページに訪れて下さった方全員に
無料のE-Bookをプレゼントしています。

「自分には何もない」

「どうせ自分なんて…」

そうやって自分を諦めてる人が、自分を信じるためにはどうすればいいのか?

自分のことが好きで、自分を信じている人とは何が違うのか?

そんな【❾つの秘密】をまとめてみました。

是非今のうちにゲットして下さい。

※注意点※
E-Bookはメールレターにご登録頂いた方にプレゼントしています。
ボタンを押すと、メールレターの登録画面に移動しますので、
こちらに同意される方のみE-bookをダウンロード下さい。

この記事を書いている人 - WRITER -
ライフコーチ 大野貴之
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。子供の頃の習い事はピアノ・公文式・水泳。「なぜこんなこともできないの!」と、毎日親から言われ続け「自分は能力がない」と思いこみ、「どうせやっても意味ない」が口癖に。関西学院大学に入学後、「ずっと諦めてきた自分には、やりたいことも将来の夢も何もない」と学ぶ意味を見失い、3ヶ月“半引きこもり”に。卒業後、唯一内定が出た東証一部上場IT企業にSEとして8年間勤務。2017年、6ヶ月連続150時間残業により、うつ病と椎間板ヘルニアを発症。腰痛で寝返りも打てず“死”を意識した事で「もっと自分のために生きたい!」と心の声を聞き、年末に退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。昼夜逆転に9年悩んでいたクライアントの生活改善をサポートするなどの実績がある。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Takayuki Oono Official Website , 2018 All Rights Reserved.