~自分を諦めてる人が、自分を知り、自分の人生に挑戦するために~

人生に影響を与える「ビリーフ」とは?(前編)

 
いつも同じ嫌なパターンに陥ってしまう理由
この記事を書いている人 - WRITER -
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。元社畜SEで2017年にうつ病と椎間板ヘルニアを発症して退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

ライフコーチの大野 貴之です。

ブログへのご訪問ありがとうございます。

  • 「自分はいつも肝心な所で失敗する」
  • 「自分は最終的にはいつも裏切られる」
  • 「自分はやっぱり人から愛されない」

こんな風に、これまでの人生において、どれだけ頑張ってもなぜかいつも最後には同じパターンに陥ってしまうことってありませんか?

実はこれ、あなたが幼少期に作り上げた『ビリーフ』の仕業なんです。

今回はそんな多くの悩みの根本原因となっているビリーフについて詳しく解説していきます

いつも同じ嫌なパターンに苦しんでいる方はぜひ最後まで目を通してみて下さい。

 

ビリーフとは?

ビリーフは誰もが持つ思い込み

ビリーフ(belief)」とは言葉をそのまま日本語に直訳すると「信念、信条」などの意味となりますが、わかりやすく言うと「思い込み」や「固定観念」です。

人は誰でも成長する過程で様々な「ビリーフ(思い込み)」を身につけ、意識的もしくは無意識的にそれを正しいと信じて生きています。

わかりやすいもので言えば、「男は強くあるべきだ」とか「女は優しくあるべきだ」とかもビリーフです。

これらの考えを持つ人は世の中にたくさんいると思いますが、男は強く、女は優しくなければいけないといった事実やルールは世の中には存在しませんよね。

つまり、世の中の全員にとっての事実ではなく、特定の人だけが信じる「思い込み」だということです。

 

重いものは人生に影響を与える

このように「ビリーフ」は誰もが持っているものであり、これ自体は悪いものでもありません。

しかし、中には「自分は重要であってはならない」「自分は自由に行動してはいけない」など、人生に影響を与えるほどの重いビリーフも存在します。

人はビリーフを信じて生きているので、「自分は重要な存在であってはならない」といったビリーフを持っていると、無意識に自分が重要な人間にならないような行動を取ってしまうんです。

 

ビリーフは幼少期に刷り込まれる

でも、どうしてそんな不幸になるとわかりきったようなビリーフを身につけるのか?

それは、幼少期に家族の中で「愛されるため」もっと言うと「生き延びるため」に身につけてしまいます。

赤ちゃんや小さい子供にとって、親に愛されるかどうかは生死にかかわりますよね。

だから、小さい子供にとって親の影響力は非常に大きく、愛されるために間違った思い込みをしてしまうことがあるのです。

ポイント

例えば抑圧的で厳しい親から「お前はダメな奴だ」と何度も叱られると、子供は「自分は重要でない」と思い込んでしまうことがあります。

 

 

ビリーフが人の行動を決めてしまう

人は意識的もしくは無意識的にビリーフを正しいと信じて生きていると言いましたが、それは人はビリーフに沿った行動を取るといった意味でもあります。

明日はビリーフがどう人の行動に影響するのかを、詳しく解説しますのでよかったら続けてご覧になってください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ライフコーチ 大野貴之

 

続きはこちらからご覧ください。

まずは体験セッションに
お申し込み下さい!

※ご希望の方のみセッション終了後に継続コーチングのご案内をさせていただきます。
※体験セッションを受けたからといって継続コーチングを強制することはありません。

まずは体験セッションに
お申し込み下さい!

※ご希望の方のみ終了後に継続コーチングのご案内をいたします。
※継続コーチングを強制することはありません。

この記事を書いている人 - WRITER -
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。元社畜SEで2017年にうつ病と椎間板ヘルニアを発症して退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Takayuki Oono Official Website , 2021 All Rights Reserved.