~自分を諦めてる人が、自分を知り、自分の人生に挑戦するために~

「なんかいつも〇〇…」と感じてしまう理由

 
この記事を書いている人 - WRITER -
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。元社畜SEで2017年にうつ病と椎間板ヘルニアを発症して退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

ライフコーチの大野 貴之です。

ブログへのご訪問ありがとうございます。

 

「なんかいつも〇〇…」と感じてしまう理由

  • なんかいつもイライラする…
  • なんかいつも悲しい…
  • なんかいつも不安…
  • なんかいつもモヤモヤする…

あなたは日頃、そんな風に感じることはありませんか?実はこれ、全て「偽物の感情」です。

昨日のブログにも書きましたが、本来、感情にはそれぞれ目的があります

問題解決のために「怒り」を感じたり、辛い出来事と訣別するために「悲しみ」を感じたり。

そして目的のために感情を使うと、やがてすぅーっと消えていくものなんです。

しかし「偽物の感情」は違います。

本来とは違う使われ方をしてるので、どれだけ使ってもその感情は消えません

だからいつまでもイライラしたり、いつまでも悲しかったりするんですね。

 

もちろんこれは無意識に起こる話ですが、いったい何のためにそんなことをするのか?

それは人によって理由は様々なので、一概には言えませんが、例えば、「怒るのは悪いこと」だと思ってる人が、代わりに「悲しみ」を感じるようなケース。

これは本来感じるべき「本物の感情」を感じないように隠すために「偽物の感情」が使われるパターンです。

他にも「怒ると他人が言うことを聞いてくれる」「悲しむと他人が優しくしてくれる」など、これまでの人生で学習した間違った目的のために「偽物の感情」が使われる場合もあります。

 

このように人によって様々ですが、今日お伝えしたい大事なポイントは

  • 本物の感情は感じると消える
  • 偽物の感情は感じても消えない

の2つです。

もしあなたが、「なんかいつも〇〇…」と感じるようなことがあれば、

本当は何を感じたいんだろう?

そんな風に自分に問いかけてみると本当の感情が見えてくるかもしれませんね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ライフコーチ 大野貴之

まずは体験セッションに
お申し込み下さい!

※ご希望の方のみセッション終了後に継続コーチングのご案内をさせていただきます。
※体験セッションを受けたからといって継続コーチングを強制することはありません。

まずは体験セッションに
お申し込み下さい!

※ご希望の方のみ終了後に継続コーチングのご案内をいたします。
※継続コーチングを強制することはありません。

この記事を書いている人 - WRITER -
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。元社畜SEで2017年にうつ病と椎間板ヘルニアを発症して退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Takayuki Oono Official Website , 2021 All Rights Reserved.