~自分を諦めてる人が、自分を知り、自分の人生に挑戦するために~

「いま」のあなたがこの先の人生で一番若い

 
この記事を書いている人 - WRITER -
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。元社畜SEで2017年にうつ病と椎間板ヘルニアを発症して退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

ライフコーチの大野 貴之です。

ブログへのご訪問ありがとうございます。

 

「いま」のあなたがこの先の人生で一番若い

僕は今35歳なんですが、30歳になった頃、もう残りの人生は同じことの繰り返しだろうな…のように、早くも人生折り返し地点を過ぎたような感じでいました。

30歳を過ぎてから新しい事なんて到底挑戦できないと思ってたし、もう人生はほぼ固まってしまったように思っていたんです。

 

ですがその翌年、過労から持病のヘルニアが悪化して「死」を身近に感じたことでまだ死にたくないとの本音に気付き、31歳で人生を変えようと行動を始め、その翌年にコーチングに出会い、今では5年前とは全く異なった生活をしています。

 

このように、その気になれば誰だっていつからだって人生って変えられるんです。

別に僕が特別だったわけではありません。そもそも能力は高い方ではないですしね。(高かったら体壊してない、汗)

それでも人生を変えられたのは、

 

自分の本心に気付いたから

 

僕の場合は持病が悪化して、本気で死を意識したことで強制的に本心に気付けましたが(笑)

そこまで窮地に立たなくても

  • 本当はどうしたいのか?
  • それをすると何が起こるのか?
  • それが起こるとどうなるのか?
  • そしてそれは本当に事実なのか?

など、自分の中にある思い込みや無意識に恐れていることなどを1つ1つ丁寧に解いていけば、必ず本心にたどり着けます。

 

人って20代になると10代を羨み、30代になると20代を羨み、40代になると30代を羨み…

そんな風に「10年前の自分なら…」と年を取ってから後悔する生き物です。

でもそれは逆に言うと、10年後の自分からすれば今の自分だって可能性があるってこと。

もしあなたが今の自分や今の生活になんだかモヤモヤしているんだとしたら、それを変えられる可能性が一番高いのは「いま」のあなただと思いますよ。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ライフコーチ 大野貴之

7日間メールコーチング

ライフコーチングのエッセンスをメール形式で体験できます。

毎日の問いに答えることであなたの見え方や考え方が変わるかもしれません。

7日間メールコーチング

ライフコーチングのエッセンスを
メール形式で体験できます。

毎日の問いに答えることで
あなたの見え方や考え方が
変わるかもしれません。

この記事を書いている人 - WRITER -
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。元社畜SEで2017年にうつ病と椎間板ヘルニアを発症して退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Takayuki Oono Official Website , 2021 All Rights Reserved.