~自分を諦めてる人が、自分を知り、自分の人生に挑戦するために~

「怒りっぽい人」なんて実はいない

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ライフコーチ 大野貴之
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。子供の頃の習い事はピアノ・公文式・水泳。「なぜこんなこともできないの!」と、毎日親から言われ続け「自分は能力がない」と思いこみ、「どうせやっても意味ない」が口癖に。関西学院大学に入学後、「ずっと諦めてきた自分には、やりたいことも将来の夢も何もない」と学ぶ意味を見失い、3ヶ月“半引きこもり”に。卒業後、唯一内定が出た東証一部上場IT企業にSEとして8年間勤務。2017年、6ヶ月連続150時間残業により、うつ病と椎間板ヘルニアを発症。腰痛で寝返りも打てず“死”を意識した事で「もっと自分のために生きたい!」と心の声を聞き、年末に退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。昼夜逆転に9年悩んでいたクライアントの生活改善をサポートするなどの実績がある。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

ライフコーチの大野 貴之です。

ブログへのご訪問ありがとうございます。

 

「怒りっぽい人」なんて実はいない

怒りっぽい性格を変えたい…
でも…性格なんて変えられない!

そんな風に悩んでる方、
時々いらっしゃいます。

確かに性格を変えるなんて、
ちょっとやそっとでできるような
簡単なことじゃないですよね。

ましてや、もう子供じゃない、
数十年を生きる大人であれば尚更。

でもこれ、性格を変えるって
考えるから難しく感じます。

一度こんな風に考えてみて下さい。
あなたは「怒りっぽい人」ではなく、
怒りの感情をよく使う人」だって。

そしてあなたが目指すのは、
怒らない人」ではなく、
怒りの感情をあまり使わない人」です。

怒らない人、つまり、
怒りの感情自体を感じない人なんて、
世の中にほとんどいないと思います。

怒らない人を目指すとは、
今ある感情を一つなくすってこと。
当然それは難しいし、そんなもの、
目指す必要はありません。

そうではなく、
怒りの感情を使う頻度を下げる
そこを意識してみて下さい。

そのためにはまず、
自分が怒りの感情を
使っている』と自覚すること

そして、そのためには、
怒りの感情自体を
自覚しなければなりません。

イラっとした時、
怒鳴りたくなった時、

今、自分の中には
怒りの感情があるな…
それを感じてみて下さい。

それを感じることができたら、
次はそれを使うかどうかの
選択をしてみる。

そうやって少しずつ、
感情の扱い方を変えていけば、
結果的に性格は変えられます。

そして忘れてはいけないのが、
怒りの感情は悪者なんかじゃない

自分が怒ってしまうこと自体を
どうか責めないで下さいね。
最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。

 

ライフコーチ 大野 貴之

 

まずは『7日間メールコーチング』で
ライフコーチングを体験してください!

7日間メールコーチング

「ライフコーチングを受けてみたいけど、いきなりマンツーマンのセッションはちょっと…」

「まずは無料でライフコーチングがどんなものか体感してみたい…」

そんな方のために、ライフコーチングをメール形式で体験できる

7日間メールコーチング』をご用意しました。

また、メールコーチングを最後まで受けてくれた方には何やら特典も…

登録は無料ですので、ライフコーチングが気になる方はぜひ登録して下さい!

まずは『7日間メールコーチング』で
ライフコーチングを体験してください!

7日間メールコーチング

「ライフコーチングを受けてみたいけど、いきなりマンツーマンのセッションはちょっと…」

「まずは無料でライフコーチングがどんなものか体感してみたい…」

そんな方のために、ライフコーチングをメール形式で体験できる

7日間メールコーチング

をご用意しました。

また、メールコーチングを最後まで受けてくれた方には何やら特典も…

登録は無料ですので、ライフコーチングが気になる方はぜひ登録して下さい!

この記事を書いている人 - WRITER -
ライフコーチ 大野貴之
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。子供の頃の習い事はピアノ・公文式・水泳。「なぜこんなこともできないの!」と、毎日親から言われ続け「自分は能力がない」と思いこみ、「どうせやっても意味ない」が口癖に。関西学院大学に入学後、「ずっと諦めてきた自分には、やりたいことも将来の夢も何もない」と学ぶ意味を見失い、3ヶ月“半引きこもり”に。卒業後、唯一内定が出た東証一部上場IT企業にSEとして8年間勤務。2017年、6ヶ月連続150時間残業により、うつ病と椎間板ヘルニアを発症。腰痛で寝返りも打てず“死”を意識した事で「もっと自分のために生きたい!」と心の声を聞き、年末に退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。昼夜逆転に9年悩んでいたクライアントの生活改善をサポートするなどの実績がある。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Takayuki Oono Official Website , 2020 All Rights Reserved.