~自分を諦めてる人が、自分を知り、自分の人生に挑戦するために~

人の意識には顕在意識と潜在意識の2つがある

 
この記事を書いている人 - WRITER -
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。元社畜SEで2017年にうつ病と椎間板ヘルニアを発症して退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

ライフコーチの大野 貴之です。

ブログへのご訪問ありがとうございます。

 

人の意識には顕在意識と潜在意識の2つがある

コーチングって怪しいと思う人がいたり、自分のことを話すなんて怖いと思ったり、なかなか一歩を踏み出せない人もたくさんいると思います。

でも、これを読んでくれてる時点でどこかで変わりたい気持ちがあるはず。

それでもなかなか変われないのは昨日のブログにも書きましたが、『自分の本心をわかっていないから』なんです。

 

人の意識には顕在意識と潜在意識の2つがあるという話は一度は耳にしたことがあると思いますが、その2つの意識で思ってることがバラバラになっているとなかなか行動に移せません。

僕が言う「自分の本心」とは潜在意識で望んでいることです。

どれだけ口(顕在意識)で「〇〇したい」と言っても、本心(潜在意識)がそれを望んでいなければいつまで経っても動けません。

 

ではなぜ顕在意識と潜在意識の間でこんなにも意見が合わないのか?

それには様々な理由がありますが、おそらく大きな影響を与えてるのは【今までの人生で作られた思い込み】でしょう。

 

  • お母さんに言われたこと
  • お父さんに言われたこと
  • 友達に言われたこと
  • 上司に言われたこと
  • 世間一般で言われてること
  • 常識的に考えて・・・
  • 普通の人は・・・

 

などなど、これまでの人生で周りの人から言われたことが、事実だと思い込んでしまっている可能性はすごくあります。

その結果、本当はしたくないのに

  • 〇〇になるべきだ
  • 〇〇をやるべきだ

といった思い(焦り)から『〇〇をやりたいと思い込んでしまう』ことは多くの人に起こります。

 

実際僕も30歳までの人生は親や周りや世間がいうものを選んでいただけだったので、当然何をやっても全然楽しくありませんでした。

そういった思い込みを越えて、自分の本当の気持ちを知る。そのための対話がライフコーチングなんです。

僕がああしろこうしろなんて言うつもりは全くありません。(逆にアドバイスが欲しい人は、コーチングよりもコンサルをおすすめします。

ただ自分自身と向き合い、自分を知り、自分の本心に気付く。

そのためにプライベートで安全安心の対話の場を提供する。それが僕のライフコーチングです。

 

ここまで読んで心が反応したのなら、ぜひ勇気を出して最初の一歩を踏み出してください。

僕はそんなあなたを全力で応援します。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ライフコーチ 大野貴之

まずは体験セッションに
お申し込み下さい!

※ご希望の方のみセッション終了後に継続コーチングのご案内をさせていただきます。
※体験セッションを受けたからといって継続コーチングを強制することはありません。

まずは体験セッションに
お申し込み下さい!

※ご希望の方のみ終了後に継続コーチングのご案内をいたします。
※継続コーチングを強制することはありません。

この記事を書いている人 - WRITER -
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。元社畜SEで2017年にうつ病と椎間板ヘルニアを発症して退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Takayuki Oono Official Website , 2021 All Rights Reserved.