~自分を諦めてる人が、自分を知り、自分の人生に挑戦するために~

小さな事でもちゃんと達成の喜びを感じる

 
この記事を書いている人 - WRITER -
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。元社畜SEで2017年にうつ病と椎間板ヘルニアを発症して退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

ライフコーチの大野 貴之です。

ブログへのご訪問ありがとうございます。

 

小さな事でもちゃんと達成の喜びを感じる

昨日は自分を諦めてきた人が、自分を信じられるようになるには、ざっくり以下の2つが重要といった話をしました。

  1. 辛さの根本は思い込みが作っている
  2. 一瞬で自分を信じられる方法はない

そしてそのうちの2つ目の話の中で、自分を諦めるのも信じるのもどちらも小さな積み重ねの結果だとお伝えしましたね。

そのため「小さな成功体験」を何度も積み重ねないと、心の底から自分を信じれるようにはならないといったお話でした。

 

今日はその続きです。僕たち自分を諦めてきた人間にとって「小さな成功体験」を積むことほど苦手なことはありません(笑)

なぜなら、

成功に対するハードルが異常に高い

からなんです。

 

でもどうしてハードルが高くなるのか?

色んな理由があると思いますが、実はこれも①と同じく「思い込み」の1つです。

  • こんなことで喜んではいけない
  • 周りはもっとすごいのに喜べない
  • 大きなことでないと成功とは言えない
  • まだまだ…もっともっと…

そんな風に思っていませんか?…僕はずっと思ってましたよ(汗)

ですがこれも「事実」ではありませんよね。小さなことで喜んだって何も悪くありません。ましてや1人で喜ぶ分には何をしても周りには迷惑はかからないと思います。

にも関わらずそう思ってしまう原因は、

  • 成功の基準が他人になっている
  • 自分自身の能力を過大評価している
  • 小さい頃の親の影響

などがあげられますが、おそらく3つ目の「親の影響」が大きいです。

  • そんなことで満足するな
  • うまくいっても喜ぶのはみっともない
  • 出る杭は打たれるから慎ましくしろ

こういった言葉を小さい頃に親から言われていると、子供は「自分は成功を感じてはいけない」と思い込んでしまうんです。

あなたはどうですか?もし自分にも思い込みがあると気付いたら、少しずつそれを手放してみて下さい

小さい頃はそうするしかなくても、大人になった今の自分なら成功を感じても誰も悪く言いません。少なくとも僕は心から祝福します。

 

そうやって自分の思い込みに気付き、成功を感じることに許可を出せたなら、本当に小さなことでもいいので毎日できたことを思い切り喜んでください

それを1つ1つ積み上げていくことで、「自分への信頼」が作られていきますよ。

焦らず一歩ずつ、前に進みましょうね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ライフコーチ 大野貴之

まずは体験セッションに
お申し込み下さい!

※ご希望の方のみセッション終了後に継続コーチングのご案内をさせていただきます。
※体験セッションを受けたからといって継続コーチングを強制することはありません。

まずは体験セッションに
お申し込み下さい!

※ご希望の方のみ終了後に継続コーチングのご案内をいたします。
※継続コーチングを強制することはありません。

この記事を書いている人 - WRITER -
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。元社畜SEで2017年にうつ病と椎間板ヘルニアを発症して退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Takayuki Oono Official Website , 2021 All Rights Reserved.