~自分を諦めてる人が、自分を知り、自分の人生に挑戦するために~

自信がないのに自信満々だねって言われた話

 
この記事を書いている人 - WRITER -
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。元社畜SEで2017年にうつ病と椎間板ヘルニアを発症して退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

ライフコーチの大野 貴之です。

ブログへのご訪問ありがとうございます。

 

自信がないのに自信満々だねって言われた話

僕は昔からずっと自分に自信がないとか、
どうせ自分なんて…とか思ってました。

 

だから少しの失敗でもやっぱり自分はダメだと
尋常じゃないくらい落ち込んでしまったり、
人から褒められてもいえいえ自分なんて…
と素直に受け取れなかったりしていました。

 

でも、そんな僕が自分を認めて
新しいことに挑戦したり、
人からの称賛を喜べるようなるまでに
最初につきつけられた現実は、

 

自分は本当は自信満々

 

ということでした。
それどころかむしろ自意識過剰とか、
自分を過大評価している状態でした。

 

これはコーチングを受けることで、
コーチからのフィードバックにより
つきつけられた現実です。

 

もちろん最初は「んなわけない!」
って思いましたよ(笑)

 

だってずっと自信なくて悩んでて、
どうせ自分なんてと諦めていたんです。
それなのに

 

「貴之、めっちゃ自分に自信あるよね?」

 

なんて言われたらいやいやいや!
ってなりますよね(笑)

 

でもそれは残念ながら事実でした…

 

だって、失敗して落ち込むのって、
できて当然って思ってるからなんですよね。

 

他にも人からの称賛を受け取れないのも、
これくらいできて当然だから
これくらいで喜ぶなんて恥ずかしい
と思っているからなんです。

 

つまり落ち込みやすいとか、
人からの称賛を受け取れないのは、

 

自分に対する期待が大きい

 

ってことの裏返しなんです。

 

もちろん自信があることや、
向上心があることは、
全然悪いことじゃありません。

 

ですが本当の自分を見ずに、
自信やプライドだけが大きくなれば
結果的に苦しくなるだけです。

 

だからまずは過大評価ではなく、
反対に過小評価でもない、
ありのままの自分を知ること。

 

全然大したことなくて
失敗ばかりしてしまう
そんなちっぽけな自分を
そんな自分でいいんだと認めること。

 

前に進むためには
何よりそれが重要だと思います。

 

あなたはどうですか?

 

もし自信がない…落ち込みやすい…
そう思うなら、自分を過大評価しすぎてないか?
一度そんな観点で自分を振り返ってみて下さい。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ライフコーチ 大野貴之

7日間メールコーチング

ライフコーチングのエッセンスをメール形式で体験できます。

毎日の問いに答えることであなたの見え方や考え方が変わるかもしれません。

7日間メールコーチング

ライフコーチングのエッセンスを
メール形式で体験できます。

毎日の問いに答えることで
あなたの見え方や考え方が
変わるかもしれません。

この記事を書いている人 - WRITER -
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。元社畜SEで2017年にうつ病と椎間板ヘルニアを発症して退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Takayuki Oono Official Website , 2021 All Rights Reserved.