~自分を諦めてる人が、自分を知り、自分の人生に挑戦するために~

自分を好きになれる(?)意外な方法

 
自分を好きになれる(?)意外な方法
この記事を書いている人 - WRITER -
ライフコーチ 大野貴之
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。子供の頃の習い事はピアノ・公文式・水泳。「なぜこんなこともできないの!」と、毎日親から言われ続け「自分は能力がない」と思いこみ、「どうせやっても意味ない」が口癖に。関西学院大学に入学後、「ずっと諦めてきた自分には、やりたいことも将来の夢も何もない」と学ぶ意味を見失い、3ヶ月“半引きこもり”に。卒業後、唯一内定が出た東証一部上場IT企業にSEとして8年間勤務。2017年、6ヶ月連続150時間残業により、うつ病と椎間板ヘルニアを発症。腰痛で寝返りも打てず“死”を意識した事で「もっと自分のために生きたい!」と心の声を聞き、年末に退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。昼夜逆転に9年悩んでいたクライアントの生活改善をサポートするなどの実績がある。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

ライフコーチの大野 貴之です。

ブログへのご訪問ありがとうございます。

 

 

自分を好きになれる(?)意外な方法

先日のブログでも少し触れましたが、
今、ライフコーチとしての
プロフィールを作り直しています。

その一環で、今日は小中学時代の
通信簿を引っ張り出してきて
見返していました。

もう、その見た目から懐かしい(笑)
当時はこれをもらうと
すごいワクワクしたなぁ~と
思いながら中を開いてみると、

不思議なことに当時の思い出が、
次々と甦ってきました。
人の記憶って面白いですね。
普通に暮らしてるだけだと

絶対に思い出さないのに。

そしてもう一つ面白い発見が。

当時は通信簿をもらったら
“5”が何個、”4″が何個…など
成績の数字しか気にしてませんでした。

でも、今見返してみると、
一番気になったのは、

先生からのコメントでした。

当時は全然気づかなかったけど、
僕のことを真剣に見て、
良い所や課題となる所を
的確にコメントしてくれていました。

これを30人以上いた生徒全員に
一人一人コメントしていると考えると
先生の有難さが今になって染みます。

中でも嬉しかったコメントが、

優しい笑顔で誰に対しても
分け隔てなくかかわり、
周囲の雰囲気を和やかにします

というもの。

僕はコーチングに出会うまで、
自分に自信がなく、
自分には何もないと諦めていました。

でも、ちゃんと見てくれてる人は
見てくれていたのに、
それを受け取れていない、
見ようとしていないだけだった

そんな事に改めて気付きました。

そして今、改めてこれを見ることで、
ダメだと思っていた昔の自分を
認められたような…

そんな気持ちになったんです。

ですので、もし当時の通信簿を
今も保管しているようであれば、
ぜひ見返してみてください。

皆が皆ではないかもしれませんが、
改めて自分のことを知れたり、
好きになれるかもしれませんよ。

 

最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。

 

ライフコーチ 大野 貴之

 

まずは『7日間メールコーチング』で
ライフコーチングを体験してください!

7日間メールコーチング

「ライフコーチングを受けてみたいけど、いきなりマンツーマンのセッションはちょっと…」

「まずは無料でライフコーチングがどんなものか体感してみたい…」

そんな方のために、ライフコーチングをメール形式で体験できる

7日間メールコーチング』をご用意しました。

また、メールコーチングを最後まで受けてくれた方には何やら特典も…

登録は無料ですので、ライフコーチングが気になる方はぜひ登録して下さい!

まずは『7日間メールコーチング』で
ライフコーチングを体験してください!

7日間メールコーチング

「ライフコーチングを受けてみたいけど、いきなりマンツーマンのセッションはちょっと…」

「まずは無料でライフコーチングがどんなものか体感してみたい…」

そんな方のために、ライフコーチングをメール形式で体験できる

7日間メールコーチング

をご用意しました。

また、メールコーチングを最後まで受けてくれた方には何やら特典も…

登録は無料ですので、ライフコーチングが気になる方はぜひ登録して下さい!

この記事を書いている人 - WRITER -
ライフコーチ 大野貴之
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。子供の頃の習い事はピアノ・公文式・水泳。「なぜこんなこともできないの!」と、毎日親から言われ続け「自分は能力がない」と思いこみ、「どうせやっても意味ない」が口癖に。関西学院大学に入学後、「ずっと諦めてきた自分には、やりたいことも将来の夢も何もない」と学ぶ意味を見失い、3ヶ月“半引きこもり”に。卒業後、唯一内定が出た東証一部上場IT企業にSEとして8年間勤務。2017年、6ヶ月連続150時間残業により、うつ病と椎間板ヘルニアを発症。腰痛で寝返りも打てず“死”を意識した事で「もっと自分のために生きたい!」と心の声を聞き、年末に退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。昼夜逆転に9年悩んでいたクライアントの生活改善をサポートするなどの実績がある。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Takayuki Oono Official Website , 2020 All Rights Reserved.