~自分を諦めてる人が、自分を知り、自分の人生に挑戦するために~

あれもこれも手を出してしまった話

 
あれもこれも手を出してしまった話
この記事を書いている人 - WRITER -
ライフコーチ 大野貴之
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。子供の頃の習い事はピアノ・公文式・水泳。「なぜこんなこともできないの!」と、毎日親から言われ続け「自分は能力がない」と思いこみ、「どうせやっても意味ない」が口癖に。関西学院大学に入学後、「ずっと諦めてきた自分には、やりたいことも将来の夢も何もない」と学ぶ意味を見失い、3ヶ月“半引きこもり”に。卒業後、唯一内定が出た東証一部上場IT企業にSEとして8年間勤務。2017年、6ヶ月連続150時間残業により、うつ病と椎間板ヘルニアを発症。腰痛で寝返りも打てず“死”を意識した事で「もっと自分のために生きたい!」と心の声を聞き、年末に退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。昼夜逆転に9年悩んでいたクライアントの生活改善をサポートするなどの実績がある。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

ライフコーチの大野 貴之です。

ブログへのご訪問ありがとうございます。

 

あれもこれも手を出してしまった話

「自分には何もない…」
「今のままじゃダメだ…!」
「何か新しいことを学ばないと!!」

そんな想いに駆られて
色んな事に手を出していた時期が
僕にはありました。

自分では前に進んでるつもりでした。

毎日学んでる
毎日前に進んでる
毎日成長してる

でも、学んでいるその瞬間は、
充実してるような感じがしますが、
ちょっと日が経つともう使っていない…

そしてしばらくして残ったのは、
無理をした疲労感と、
カードの請求だけでした…

どうしてこうなってしまったのか?
今、思い返すとわかりますが、
その原因を一言でいうと

自分と向き合ってなかったから

になるかと思います。

  • 自分は何ができるのか?
  • 自分は何ができないのか?
  • 何をできるようになりたいのか?

そういったことをちゃんと見ずに、
ただ、『自分には何もない』と
劣等感や焦りを感じている。

だから周りの新しいものすべてが、
自分にとって必要なものかのように映り、
あれもこれも手を出してしまったんです。

もちろん多くを学ぶことは、
別に悪いことではないし、
これは僕だけの問題かもしれません。

ですが、もしこの話にあなた自身も
どこか心当たりがあるようであれば、
一度冷静な気持ちになって、
あなた自身と向き合ってみて下さい。

最後に、そのために効果的な
5つの質問をご紹介します。
いまのあなた“に聞いてみてください。

「うまくいってることは何だろう?」
「どうしてうまくいってるんだろう?」
「どんな状態が理想だろう?」
「まだうまくいってないことは何だろう?」
「いま必要なものって何だろう?」

焦らずに一歩ずつ進めば、
きっと道は開けると思います。

 

 

最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。

 

ライフコーチ 大野 貴之

 

まずは『7日間メールコーチング』で
ライフコーチングを体験してください!

7日間メールコーチング

「ライフコーチングを受けてみたいけど、いきなりマンツーマンのセッションはちょっと…」

「まずは無料でライフコーチングがどんなものか体感してみたい…」

そんな方のために、ライフコーチングをメール形式で体験できる

7日間メールコーチング』をご用意しました。

また、メールコーチングを最後まで受けてくれた方には何やら特典も…

登録は無料ですので、ライフコーチングが気になる方はぜひ登録して下さい!

まずは『7日間メールコーチング』で
ライフコーチングを体験してください!

7日間メールコーチング

「ライフコーチングを受けてみたいけど、いきなりマンツーマンのセッションはちょっと…」

「まずは無料でライフコーチングがどんなものか体感してみたい…」

そんな方のために、ライフコーチングをメール形式で体験できる

7日間メールコーチング

をご用意しました。

また、メールコーチングを最後まで受けてくれた方には何やら特典も…

登録は無料ですので、ライフコーチングが気になる方はぜひ登録して下さい!

この記事を書いている人 - WRITER -
ライフコーチ 大野貴之
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。子供の頃の習い事はピアノ・公文式・水泳。「なぜこんなこともできないの!」と、毎日親から言われ続け「自分は能力がない」と思いこみ、「どうせやっても意味ない」が口癖に。関西学院大学に入学後、「ずっと諦めてきた自分には、やりたいことも将来の夢も何もない」と学ぶ意味を見失い、3ヶ月“半引きこもり”に。卒業後、唯一内定が出た東証一部上場IT企業にSEとして8年間勤務。2017年、6ヶ月連続150時間残業により、うつ病と椎間板ヘルニアを発症。腰痛で寝返りも打てず“死”を意識した事で「もっと自分のために生きたい!」と心の声を聞き、年末に退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。昼夜逆転に9年悩んでいたクライアントの生活改善をサポートするなどの実績がある。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Takayuki Oono Official Website , 2020 All Rights Reserved.