~自分を諦めてる人が、自分を知り、自分の人生に挑戦するために~

その優しさは誰のためですか?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。元社畜SEで2017年にうつ病と椎間板ヘルニアを発症して退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

ライフコーチの大野 貴之です。

ブログへのご訪問ありがとうございます。

 

その優しさは誰のためですか?

今日の話は僕自身が、
日頃の生活でよくないなと思ったことを
自戒の意味もこめて発信します。

 

テーマは「優しさ」について

 

僕は普段からどっちかというと
人を助けたり手伝ったりするのが好きです。

 

そして相手からお礼を言われると、

 

別に好きでやってるんで気にせんとって

 

みたいなセリフをよく言います。
特に深い意味はなく無意識に言ってます。

 

ただ、本当に相手が何も気にしてなかった時、
それこそ恩を仇で返されたような時、
心の奥の醜い部分が

 

あの時助けてあげたのに…

 

ってぶつぶつ言ってるのが
聞こえてくるんですよね(笑)

 

まぁ恩を仇で返すという行為は、
許されるものではありませんが、
それは相手の問題なので、
ここではいったん置いておきます。

 

今日問題として取り上げたいのは、
「気にしなくていい」と言いながら、
実はめっちゃ気にしている僕自身の方です。

 

まぁ返報性の法則なんて言葉あるので、
ある程度は仕方ないとは思うんですが、
こういった気持ちを放置しておくと

 

いつも無意識に相手に期待したり、
挙句の果てには、
自分は誰にも感謝されないとか
大切にしてもらえないのような
被害者意識を大きくしてしまいます。

 

こうならないためにも
常に意識しないといけないのが、

 

その優しさは誰のためか?

 

といった点です。

 

多くの人が意識の上では、
相手のためにやってると思うでしょう。

 

でも、本当に100%相手のためなら、
きっと見返りなんて求めないと思います。

 

もう一度言います。
その優しさは誰のためでしょう?

 

今でこそマシになってきましたが、
昔の僕を例にすると、本心は、
やっぱり自分のための優しさでした。

 

嫌われないために
優しい人と思われたいために
相手に優しさを与えていました。

 

そしてそれは純粋な優しさではなく、
自分を犠牲にした優しさでもありました。

 

要するに僕は、
相手に嫌われるのが怖いために、
相手から優しい人と思われたいがために、
自分のことを犠牲にして、
他人にばかり優しくしていたんです。

 

そして気が付けば
どんどんイライラが溜まっていました。

 

でもそれは、周りのせいでなく、
自分に優しくしていない自分のせい
だったんですよね。

 

誰にも感謝されないとか、
誰にも大切にされないとか
そんなことに悩む前に、
まず自分にそれをしてあげないと

 

昔の僕はそこに気付けませんでした。

 

今日の話、もしかしたら
共感してくださる方もいるかもしれません。

 

もしあなたも同じだと思うなら、
改めて考えてみて下さい。

 

その優しさは誰のためですか?

 

もし自分のためだったなら、
そんな遠回しの優しさはやめて、
直接自分に優しくしてみて下さいね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ライフコーチ 大野貴之

まずは体験セッションに
お申し込み下さい!

※ご希望の方のみセッション終了後に継続コーチングのご案内をさせていただきます。
※体験セッションを受けたからといって継続コーチングを強制することはありません。

まずは体験セッションに
お申し込み下さい!

※ご希望の方のみ終了後に継続コーチングのご案内をいたします。
※継続コーチングを強制することはありません。

この記事を書いている人 - WRITER -
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。元社畜SEで2017年にうつ病と椎間板ヘルニアを発症して退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Takayuki Oono Official Website , 2021 All Rights Reserved.