~自分を諦めてる人が、自分を知り、自分の人生に挑戦するために~

その「理想」も「手段」の1つにすぎないかも

 
この記事を書いている人 - WRITER -
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。元社畜SEで2017年にうつ病と椎間板ヘルニアを発症して退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

ライフコーチの大野 貴之です。

ブログへのご訪問ありがとうございます。

 

その「理想」も「手段」の1つにすぎないかも

コーチングではまず「理想」を描き、そこに向けてどう進んでいくかを探っていくアプローチを取ります。

もしかしたらこれを読んで下さってる方の中には自分の目指す「理想」をお持ちの方も多いかもしれません。

 

しかし、実はこの「理想」って曲者です。

 

というのも、人って意外と自分の本当の理想には自分で気付いてないものです。

そして僕たちが掲げている「理想」も、実は本当の理想のための「手段」である可能性もあるんですね。

どうしてこんな話をしているかというと、人は時々、目の前の「理想」に囚われて「本当の理想」を見失うことがあります。

 

例えば理想が「年収1000万」だという人を例にあげてみますね。

この人は理想のために毎日遅くまで残業したり、家にいる時間のほとんどを副業に費やす必要があるかもしれません。

そうやってがむしゃらに頑張った結果、なんとか年収1000万は達成した!…でもあまりに仕事ばかりだったので家族との仲は崩壊してしまった…

あれ、なんでこんなことに…本当は家族を幸せにしたくて年収1000万を目指していたはずなのに…

 

かなり極端な例でしたが、これが「本当の理想」を見失った状態です。

この場合だと、「家族を幸せにしたい」が「本当の理想」「年収1000万」はそのための「手段」に過ぎなかったということになります。

ですが、その手段を「理想」と思い込み、そこに固執してしまうあまりに本当の理想を見失ってしまったんですね。

 

こうならないためにも自分の本当の理想は何なのか?は、常に意識して欲しいと思います。

そして、あなたが今目指している「理想」も、もしかしたら「手段」の1つに過ぎないことを改めて考えてみて下さい。

 

最後に本当の理想を見つけるための質問を。

 

あなたが目標を達成した状態になったら、
その先で本当に望んでいるものは何?

 

今掲げてる目標に照らし合わせて、一度自分に問いかけてみて下さいね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ライフコーチ 大野貴之

まずは体験セッションに
お申し込み下さい!

※ご希望の方のみセッション終了後に継続コーチングのご案内をさせていただきます。
※体験セッションを受けたからといって継続コーチングを強制することはありません。

まずは体験セッションに
お申し込み下さい!

※ご希望の方のみ終了後に継続コーチングのご案内をいたします。
※継続コーチングを強制することはありません。

この記事を書いている人 - WRITER -
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。元社畜SEで2017年にうつ病と椎間板ヘルニアを発症して退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Takayuki Oono Official Website , 2021 All Rights Reserved.