~自分を諦めてる人が、自分を知り、自分の人生に挑戦するために~

あなたはこれからどう生きたい?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。元社畜SEで2017年にうつ病と椎間板ヘルニアを発症して退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

ライフコーチの大野 貴之です。

ブログへのご訪問ありがとうございます。

 

あなたはこれからどう生きたい?

毎日朝から晩まで働き詰めで、
なかなか心が休まる時間がない。

 

そんな生活を送りがちな
僕たち現代人にとって、
物事を考える時は自分の想いよりも
合理性を優先して考えることが
多くなっているかもしれません。

 

僕も長年システムエンジニアをしており、
いかに論理矛盾がないか?といった
考え方が仕事をする上で必要不可欠でした。

 

そのため、コーチングと出会う前は、
もはや自分の想いとか感情なんて
いらないもの扱い…

 

それを口にするのも『恥ずかしい
とさえ思っていたくらいです。

 

でも、そんな僕もライフコーチングで、
自分の想いと丁寧に向き合い続けたことで、
今では当然のように自分の想いがわかりますし、
それに従って日々を生きています。

 

先日セッションをしたクライアントさまも
まさに僕と同じようなタイプの方。
※掲載の許可は頂いています。

 

非常に論理的で丁寧な話し方で、
自分の感情を話すのが恥ずかしいと
最初の頃は仰っていました。

 

ですが、そんな彼は今、
人生の岐路とも言える悩みを抱えています。

 

合理的に生きていくのか?
想いを大事にして生きていくのか?

 

ライフコーチングを続けるうちに、
だんだんと抑えていた本当の想いが、
表に現れてきたようです。

 

そして僕はこう聞きました。

 

「本当はどう生きたいの?」

それは想いを大事に生きたいです。

 

なんと即答でした。
でもこれまでずっと合理性を重視し、
自分の想いは隠して生きてきたので、
想いを大事にする生き方が怖いとのこと。

 

でもいきなり生き方を変えるなんて
誰だって無理ですよね。

 

そうやって怖い感情と向き合いながら、
少しずつ少しずつ前に進んでいく。

 

そうやって前に進み続ければ、
気が付けば大きな変化が起こってる。
それがコーチングの変化のパターンです。

 

だから、まずは、
自分の想いに気付くだけで充分

 

それだけでこれからの人生、
進んでいく道が大きく変わります。
この方のこれからの人生が、
僕は楽しみで仕方ありません。

 

もしあなたも想いを蔑ろにしているなと
少しでも感じることがあるのなら、
一度、自分に聞いてみて下さい。

 

本当はどうしたい?」って

 

その答えにすぐ従う必要はありません。
でも、その答えこそが、
あなたのこれからの人生になるんです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ライフコーチ 大野貴之

7日間メールコーチング

ライフコーチングのエッセンスをメール形式で体験できます。

毎日の問いに答えることであなたの見え方や考え方が変わるかもしれません。

7日間メールコーチング

ライフコーチングのエッセンスを
メール形式で体験できます。

毎日の問いに答えることで
あなたの見え方や考え方が
変わるかもしれません。

この記事を書いている人 - WRITER -
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。元社畜SEで2017年にうつ病と椎間板ヘルニアを発症して退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Takayuki Oono Official Website , 2021 All Rights Reserved.