~自分を諦めてる人が、自分を知り、自分の人生に挑戦するために~

人生全体の時間から見たらその辛さは一瞬の出来事かも

 
この記事を書いている人 - WRITER -
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。元社畜SEで2017年にうつ病と椎間板ヘルニアを発症して退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

ライフコーチの大野 貴之です。

ブログへのご訪問ありがとうございます。

 

人生全体の時間から見たらその辛さは一瞬の出来事かも

2021年ももう4ヶ月目になりますが、
僕の中の感覚というか流れでは、
この4月でようやく新しい年に
切り替わったなって感じてます。

 

というのも、僕にとって2020年は、
一言でいうと『再構築』の年でした。

 

それまで大切にしていたものや価値観
それまで目指していた世界や在りたい姿、
そういったものが一度壊れてしまい、
そして新しく自分に必要なものが
手に入ったような1年だったからです。

 

もちろん壊れた時は本当に辛かった。

 

ただでさえ世の中はコロナ禍で、
暗くて重い空気で蔓延していましたから、
そんな中で個人的に大事なものを失うと、
もう本当に絶望しかないって気分に
何度もなってしまいました。

 

ですが、何度も落ち込み、悩み、苦しんで、
でもずっともがき続けていた結果、
新しいものや価値観との出会いがあり、
最終的にはそれこそが自分の求めていたもの
だと気付くことができました。

 

でもこれって僕だけが特別ではなく、
きっと多くの人に共通して
起こっていることだと思います。

 

時々、地球の歴史を24時間に例えると、
人間の歴史なんて1分にも満たない
のような話を聞くことがありますが、

 

それと似たような感じで、
自分の人生を24時間に例えると、
一時の辛さや苦しさなんて、
本当にわずかな誤差レベルのもの
なんだと思います。

 

僕らは辛いことや悲しいことがあると、
それで人生が変わってしまったとか、
もう未来なんてないかもしれないとか、
大げさに受け取ってしまいますよね(笑)

 

でもそれって辛さのせいで
短期的な思考になってるだけで、
冷静に長期的な視点で見ると、
その辛さは人生レベルでは誤差程度のものです。

 

だからもしあなたが、
今とても苦しい時期だと感じているのなら、

 

自分の人生全体で考えると、
今の時期ってどんな意味があるんだろう?

 

そんな風に考えてみて下さい。

 

きっと今思っているほど、
深刻なものではないはずですよ。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ライフコーチ 大野貴之

7日間メールコーチング

ライフコーチングのエッセンスをメール形式で体験できます。

毎日の問いに答えることであなたの見え方や考え方が変わるかもしれません。

7日間メールコーチング

ライフコーチングのエッセンスを
メール形式で体験できます。

毎日の問いに答えることで
あなたの見え方や考え方が
変わるかもしれません。

この記事を書いている人 - WRITER -
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。元社畜SEで2017年にうつ病と椎間板ヘルニアを発症して退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Takayuki Oono Official Website , 2021 All Rights Reserved.