~自分を諦めてる人が、自分を知り、自分の人生に挑戦するために~

まずは自分を満たしてもいいよ

 
まずは自分を満たしてもいいよ
この記事を書いている人 - WRITER -
ライフコーチ 大野貴之
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。子供の頃の習い事はピアノ・公文式・水泳。「なぜこんなこともできないの!」と、毎日親から言われ続け「自分は能力がない」と思いこみ、「どうせやっても意味ない」が口癖に。関西学院大学に入学後、「ずっと諦めてきた自分には、やりたいことも将来の夢も何もない」と学ぶ意味を見失い、3ヶ月“半引きこもり”に。卒業後、唯一内定が出た東証一部上場IT企業にSEとして8年間勤務。2017年、6ヶ月連続150時間残業により、うつ病と椎間板ヘルニアを発症。腰痛で寝返りも打てず“死”を意識した事で「もっと自分のために生きたい!」と心の声を聞き、年末に退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。昼夜逆転に9年悩んでいたクライアントの生活改善をサポートするなどの実績がある。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

ライフコーチの大野 貴之です。

ブログへのご訪問ありがとうございます。

 

まずは自分を満たしてもいいよ

ご無沙汰しております。
もう2ヶ月ぶりくらい?

実はこの2ヶ月間、
既存クライアントさんとのセッション以外、
全ての活動をストップしていました。

その間に環境の変化なども色々あり、
そろそろ活動再開したいと思い、
久々のブログ更新です。

さて、実は僕は今月から、
マイコーチを別のコーチに変えました。

心境も環境もこの数か月で
大きく変わってきたので、
新しいスタートを切ろうと思っての変更です。

そして昨日はその初セッションだったので、
今日はその話をしようかなぁと思います。

継続コーチングにおける初回って、
コーチング全体のゴール
(ビジョン、なりたい姿とも言う)を
決めることが多いんですね。

昨日のセッションについても同様で、
僕のこれからのビジョンについて、
60分間コーチと話を深めました。

これを読んで下さってるあなたは
もう既によくご存知かもしれませんが、
コーチングでは質問やフォードバックで、
普段気付かない本心などを
どんどん引き出してもらえます。

僕が最初に掲げていたビジョンは、

青空のような大野貴之』になること

青空ってどんな人にも
平等に頭上にありますよね。
そして、それがある(見る)だけで
気分が晴れたり元気になったりする。

そんな存在になりたいと思って、
このビジョンを掲げています。

でも今回新たなコーチと、
新しいスタートを切る上で、
このビジョンに一言二言加えました。

それは、

  • 自分を犠牲にせず、
  • 自分を大切にして、
  • 自分の人生を愛しいと思える

つまり、周りの人だけでなく、
自分もちゃんと大切にしよう

ってニュアンスを加えたんです。

その上でコーチと話をしていくうちに、
自分でも普段口にしないような言葉が
次から次へとスラスラでてきました。

  • 全てを愛して全てに感謝したい
  • 愛情を溢れるほど受け取り、それを誰かに与えて循環させたい
  • コーチングをすることで、自分の価値を実感したい
  • その結果、誰かを幸せにしたい

などなど…
そしてこれらに共通する根底の想いは、

自分が満たされたい

といった気持ちでした。

コーチからも

「めっちゃ『自分』って言ってるよ」

なんてフィードバックをもらうほど(笑)

でもそれに気付いても、
そこに罪悪感や恥ずかしさはなく、
まさにその通りだって感じでした。

昔の僕だったら自己主張の強い自分に
嫌悪感すら抱いてたと思います…
でも、今は違ったんですよね。

それでいい。それが結果的に
周りも幸せにできる。って
自然に思うことができたんです。

たぶんこれってとても大切なこと

よくシャンパンタワーの法則
なんて言いますが、
やっぱり自分が満たされないことには、
他人を満たすことなんてできないんです。

でも、僕たち日本人の多くは、
そんな自己主張をしてはいけない
わがままを言ってはいけない
なんて教育を受けた人も多いですよね。

その結果、自分を犠牲にして、
他人を満たすことばかりしてしまい、
気が付けば自分が枯れ果ててしまう。

あなたもそんな時ってありませんか?

久しぶりのブログで、
頭に浮かんだ事そのまま
書き殴った感じになっちゃいましたが、
僕が今回言いたいことはこれです。

まずは自分を満たしてもいい
自分本位になってもいい

これを言葉だけでなく、
体感的に理解できるよう
実際に何かをしてみて欲しいです。

2020年もいよいよ後半、
色々と苦しい日々が続きましたけど、
そんな時こそまずは自分を労りましょうね。
僕も一緒にがんばります!

 

最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。

 

ライフコーチ 大野 貴之

 

まずは『7日間メールコーチング』で
ライフコーチングを体験してください!

7日間メールコーチング

「ライフコーチングを受けてみたいけど、いきなりマンツーマンのセッションはちょっと…」

「まずは無料でライフコーチングがどんなものか体感してみたい…」

そんな方のために、ライフコーチングをメール形式で体験できる

7日間メールコーチング』をご用意しました。

また、メールコーチングを最後まで受けてくれた方には何やら特典も…

登録は無料ですので、ライフコーチングが気になる方はぜひ登録して下さい!

まずは『7日間メールコーチング』で
ライフコーチングを体験してください!

7日間メールコーチング

「ライフコーチングを受けてみたいけど、いきなりマンツーマンのセッションはちょっと…」

「まずは無料でライフコーチングがどんなものか体感してみたい…」

そんな方のために、ライフコーチングをメール形式で体験できる

7日間メールコーチング

をご用意しました。

また、メールコーチングを最後まで受けてくれた方には何やら特典も…

登録は無料ですので、ライフコーチングが気になる方はぜひ登録して下さい!

この記事を書いている人 - WRITER -
ライフコーチ 大野貴之
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。子供の頃の習い事はピアノ・公文式・水泳。「なぜこんなこともできないの!」と、毎日親から言われ続け「自分は能力がない」と思いこみ、「どうせやっても意味ない」が口癖に。関西学院大学に入学後、「ずっと諦めてきた自分には、やりたいことも将来の夢も何もない」と学ぶ意味を見失い、3ヶ月“半引きこもり”に。卒業後、唯一内定が出た東証一部上場IT企業にSEとして8年間勤務。2017年、6ヶ月連続150時間残業により、うつ病と椎間板ヘルニアを発症。腰痛で寝返りも打てず“死”を意識した事で「もっと自分のために生きたい!」と心の声を聞き、年末に退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。昼夜逆転に9年悩んでいたクライアントの生活改善をサポートするなどの実績がある。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Takayuki Oono Official Website , 2020 All Rights Reserved.