~自分を諦めてる人が、自分を知り、自分の人生に挑戦するために~

僕が「綺麗事」を嫌う理由

 
この記事を書いている人 - WRITER -
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。元社畜SEで2017年にうつ病と椎間板ヘルニアを発症して退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

ライフコーチの大野 貴之です。

ブログへのご訪問ありがとうございます。

 

僕が「綺麗事」を嫌う理由

いきなりですが、僕は「綺麗事」が嫌いです。

といっても決してやさぐれてるわけじゃないのでそこは安心してください(笑)

僕がここで言う「綺麗事」とは、【無理矢理なポジティブ思考】です。

 

もちろん世の中には、嘘でもポジティブな言葉を使えば脳が騙されてポジティブになると言う人もいますし、実際効果がないとは思いません。

ただ、それと同時にポジティブになろうとして、逆にそうなれない自分を責める人を何人も見てきました。

特に自分を諦めてきた人が初めて自己啓発に触れた時、このパターンに陥りやすい気がします。

最初は気分よくポジティブ思考をするけど、やっぱりそうはできない時もあって、そして次第にそんな自分を責めてしまう…

「自分はポジティブにはなれない…」

「やっぱりダメな人間なんだ…」

こんな風にポジティブを目指すあまり、それができない自分を責めて結果的によりネガティブになる…これって本末転倒ですよね。

 

だからもしポジティブになれない時
ポジティブ思考が苦しいと感じる時

 

そんな時は無理をするんじゃなくて【ネガティブな自分を許してあげて下さい】。

  • あぁ自分は今ネガティブな気分なんだな
  • まぁそういう日もあるよね
  • 今は思いっきり落ち込んだらいいよ

そんな風にネガティブな自分を責めずにそのまま受け入れて下さい。

 

恐らく自分の大切な人が本当に落ち込んでいる時には、自然とこんな声をかけてませんか?

相手にもよるとは思いますが、無理矢理元気づけない方が良い時ってなんとなくわかりますよね。それと同じことを自分にするだけです。

 

最後に今日お伝えしたいことをまとめると、

 

ポジティブ思考は悪くありません。でも、それが辛い、苦しい、そしてできない自分を責めてしまうなら、そんな時はポジティブ思考は忘れてネガティブな自分を許してあげて下さい

皮肉なことに人って、ネガティブな自分を許せるようになると自然とポジティブになってきます。

そうやって自然とポジティブになれた時、心の底から「綺麗事」を言えるようになれば、それが一番すてきだと僕は思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ライフコーチ 大野貴之

まずは体験セッションに
お申し込み下さい!

※ご希望の方のみセッション終了後に継続コーチングのご案内をさせていただきます。
※体験セッションを受けたからといって継続コーチングを強制することはありません。

まずは体験セッションに
お申し込み下さい!

※ご希望の方のみ終了後に継続コーチングのご案内をいたします。
※継続コーチングを強制することはありません。

この記事を書いている人 - WRITER -
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。元社畜SEで2017年にうつ病と椎間板ヘルニアを発症して退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Takayuki Oono Official Website , 2021 All Rights Reserved.