~自分を諦めてる人が、自分を知り、自分の人生に挑戦するために~

「ドリームキラー」は現実を知る鏡

 
この記事を書いている人 - WRITER -
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。元社畜SEで2017年にうつ病と椎間板ヘルニアを発症して退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

ライフコーチの大野 貴之です。

ブログへのご訪問ありがとうございます。

「ドリームキラー」は現実を知る鏡

何かに向かって頑張っていると必ず現れる嫌なものがあります。

それは「ドリームキラー」です。

恐らくあなたも一度は耳にしたことがあるかもしれませんが、ドリームキラーとは何か目標に向かって努力している時にその目標を否定してくる存在です。

「そんなん無理だって」
「絶対失敗するからやめた方がいい」
「全然成果が出てないじゃないか」
などなど…

しかも親とか友人など、自分の身近な人ほどそうなる可能性が高いです。

そしてこのドリームキラーは、自己啓発や目標達成の世界では「乗り越えるべき壁」のように表現されることが多いです。

変化し始めてる証拠とか、神様が本気度を試しているとか、スピリチュアル的な意味合いがどこまであるのかはわかりませんが、僕はこのドリームキラーを【自分の現在地を知る鏡】だと捉えています。

以前も、理想だけでなく現実を知るのも大事といった内容を書きましたが、

ドリームキラーが言ってくる言葉は、まさに今の自分の現実そのものなんです。

ただし「お前には無理だ」と言われたらそれが現実だという意味ではなく、周りからは無理なように見えるのが今の現実です。

毎日目標に向かって努力していれば、どれだけ小さくても必ず人は成長します。

その小さな成長はとても大切なもので自分では決して否定してほしくありませんが、残念ながら周りの人はそれに気付けません。

つまり、日々小さな成長はしているけど、周りの人がわかるほど大きな成長は今の自分はまだできていない

そういった現実を教えてくれる鏡だと僕はドリームキラーを捉えています。

ちょっと厳しい言い方ですが…やっぱりこの現実は受け止めないと本当の意味で成長できません。

でもそうやって現在地がわかれば、次に進むべき方向も見えてきます。

周りから応援される自分ってどんな自分?
今の自分とはどんな違いがある?

そんな風に改めて理想と現実を比較して、その違いに1つでも気付くことができれば、

その違いを埋めるために今できる一歩は?

と自分に問いかけることができます。

そうして出た答えを1つずつ乗り越えれば、いずれ大きな成長をして気が付けばドリームキラーも消えているでしょう。

だからやっぱりドリームキラーは「自分を成長させてくれる存在」なんだと僕は思いますね…直面した時は苦しいけど…(汗)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ライフコーチ 大野貴之

まずは体験セッションに
お申し込み下さい!

※ご希望の方のみセッション終了後に継続コーチングのご案内をさせていただきます。
※体験セッションを受けたからといって継続コーチングを強制することはありません。

まずは体験セッションに
お申し込み下さい!

※ご希望の方のみ終了後に継続コーチングのご案内をいたします。
※継続コーチングを強制することはありません。

この記事を書いている人 - WRITER -
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。元社畜SEで2017年にうつ病と椎間板ヘルニアを発症して退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Takayuki Oono Official Website , 2021 All Rights Reserved.