~自分を諦めてる人が、自分を知り、自分の人生に挑戦するために~

人の悩みの原因となるビリーフ『存在してはいけない』

 
人の悩みの原因となるビリーフ『存在してはいけない』
この記事を書いている人 - WRITER -
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。元社畜SEで2017年にうつ病と椎間板ヘルニアを発症して退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

ライフコーチの大野 貴之です。

ブログへのご訪問ありがとうございます。

今日からは人の悩みの原因となる24個のビリーフについて、1つ1つ解説していきます。

今日扱うビリーフは『存在してはいけない』です。

※ビリーフって何?といった方は以下の記事を先にご覧ください。

 

『存在してはいけない』はどんなビリーフ?

存在してはいけない』のビリーフを持つ人は「私なんていない方がいい…」「もう消えてしまいたい…」のような感覚を持ち、時には自殺を考えてしまう場合もあります。

また、逆に心の中にある「存在してはいけない」気持ちに反抗して、自分の生き様を強く見せつける場合も

なお、うつ病の経験者は必ずこのビリーフを持っていると言われています。(程度の差はあります。

 

『存在してはいけない』による影響

存在してはいけない』のビリーフによる影響は以下のようなものがあります。

このビリーフを持つ人は全てあてはまるという意味ではなく、あくまでその傾向があるといった前提でご覧ください。

 

服従的な対処行動

  • 「死にたい」という感覚がある
  • 自分も含めて皆死ねばいいと思う
  • どこかに消え去ってしまいたい
  • 他人を傷つけたり傷つける想像をしてしまう
  • バンジーやスカイダイビングが好き(死の恐怖がマヒしている)

反抗的な対処行動

  • 自分の存在や生き様を見せつける
ポイント

あくまでイメージですが、有名人に当てはめると服従的な対処行動は「太〇治」、反抗的な対処行動は「尾〇豊」のような人物像です。

 

『存在してはいけない』が刷り込まれる場面

幼少期に「お前はいらない子だ」のような言語によるメッセージを受けたり、「赤ん坊の時に手荒く抱っこされた」など非言語のメッセージを受けることで、子どもは『自分は存在してはいけない』と思い込む可能性があります。

※記憶にはなくても赤ん坊は非言語メッセージを肌で感じており、ビリーフが刷り込まれる可能性があります。

『存在してはいけない』が刷り込まれる場面をまとめると以下の通りです。

■ 刷り込みの場面

  • 「お前はいらない子」と言われた
  • 親の無視・無関心
  • いじめや身体的な虐待を受けた
  • 親の自殺(親の死)を経験した
  • 投げやりな生き方の親を見て育った
ポイント

※この場面では必ずビリーフが刷り込まれるといった意味ではありません。あくまで本人がどう受け取ったか次第であり、刷り込まれる可能性を示しています。

 

まとめ

存在してはいけない』のビリーフは直接的、もしくは非言語的なメッセージによって、子どもの頃に『自分は存在してはいけない』と思い込むビリーフです。

自分や他人を傷つける所を想像してしまったり、実際に傷つけてしまう(自傷行為、多少行為、他殺など)場合も。

このビリーフを取り除くと、人生投げやりな感覚がなくなり、自分で自分の面倒を見るような感覚が芽生えるでしょう。

 

自分のビリーフを知ることは悩みを根本から解決するための第一歩になります。

まずは日々の行動を振り返り、自分にはどんなビリーフがあるか注意深く観察してみて下さい。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ライフコーチ 大野 貴之

 

まずは体験セッションに
お申し込み下さい!

※ご希望の方のみセッション終了後に継続コーチングのご案内をさせていただきます。
※体験セッションを受けたからといって継続コーチングを強制することはありません。

まずは体験セッションに
お申し込み下さい!

※ご希望の方のみ終了後に継続コーチングのご案内をいたします。
※継続コーチングを強制することはありません。

この記事を書いている人 - WRITER -
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。元社畜SEで2017年にうつ病と椎間板ヘルニアを発症して退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Takayuki Oono Official Website , 2021 All Rights Reserved.