~自分を諦めてる人が、自分を知り、自分の人生に挑戦するために~

人生の目的がない??そんなあなたに送る3つの質問

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ライフコーチ 大野貴之
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。子供の頃の習い事はピアノ・公文式・水泳。「なぜこんなこともできないの!」と、毎日親から言われ続け「自分は能力がない」と思いこみ、「どうせやっても意味ない」が口癖に。関西学院大学に入学後、「ずっと諦めてきた自分には、やりたいことも将来の夢も何もない」と学ぶ意味を見失い、3ヶ月“半引きこもり”に。卒業後、唯一内定が出た東証一部上場IT企業にSEとして8年間勤務。2017年、6ヶ月連続150時間残業により、うつ病と椎間板ヘルニアを発症。腰痛で寝返りも打てず“死”を意識した事で「もっと自分のために生きたい!」と心の声を聞き、年末に退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。昼夜逆転に9年悩んでいたクライアントの生活改善をサポートするなどの実績がある。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

“自分の価値”がわからない方専属ライフコーチ 大野貴之です。

 

ボクは小さい頃、

自分は何のために生きてるんだろう?

と悩むことが多かったです。

人生の目的がない

そんな状態をダメなことだと捉え、自分を責めることも多かったです。

もしかしたら、これを読んでくれているあなたも、同じような状態かもしれませんね。

今日はそんなあなたのために、いくつか質問をご用意しました。

これらの質問に対する答えを考えることで、もしかしたら何かをつかめるかもしれませんよ。

人生の目的がないと悩むあなたへの3つの質問

質問1「どうして人生に目的が必要なんですか?」

いきなり根底を覆すようなことを言ってすみません(笑)

ですが、改めて考えてみて下さい。どうして人生に目的が必要なんですか?

本当に全ての人が目的を持って生きていると思いますか?

また、目的を持ってないという人は、適当な人生を生きていると思いますか?

ボクはそうは思いません。目的がなくてもしっかりと生きている人はたくさんいます。

もちろん目的があった方が進みやすいし、目的が明確であれば遠回りをしなくて済みます。

でも、もし、目的がないことで自分を責めてしまったり、

自分に価値がないように感じているのであれば、

あえて断言します。人生に目的なんていりません。

人生に目的がなくたって、あなたには十分に価値があると知って下さい。

それを理解した上で、それでもやっぱり目的は持ちたいと思うのであれば、

このまま続きを読み進めて頂ければと思います。

 

質問2「本当はどうしたいんですか?」

ここからは、「人生の目的」について考えていきましょう。

まず、「人生の目的」は周りの誰かや何かが与えてくれるものじゃないと思います。

あくまで、自分が作るものです。

つまりあなたは自由に「人生の目的」を作ることができるんです。

まずはこれをしっかり理解してください。

さぁ、では自由に「人生の目的」を決めて下さい!……なんて言ってもすぐにはわからないですよね。

じゃあ「毎日ぐっすり眠ること」ってのはどうですか?

それとも「毎日おいしいものを食べるため」はいかがですか?

……ダメですか?

じゃあ

「本当はどうしたいんですか?」

これが2つ目の質問です。

自分は幸せじゃないという人の多くは、自分の幸せが何かをよくわかってません。

「人生の目的」についても同じことが言えると思います。

「人生の目的」なんて大げさな言い方をしているものの、

ただ単に自分が何をしたいのか?がわからないだけかもしれません。

だからまずは、自分が何をしたいのか?どうしたいのか?それを本気で考えてみて下さい。

あなたは、「本当はどうしたいんですか?」

 

質問3「もし、何の制限もなかったらどうしたいですか?」

次が最後の質問です。これはさっきの質問を補助するような質問になります。

さぁこの質問に答えてみて下さい。

「もし、何の制限もなかったらどうしたいですか?」

もしくは

「もし、絶対に失敗しないとしたらどうしたいですか?」

人は無意識のうちに自分に制限をかけています。

でも、その制限って実は、周りが作ったものばかりです。

親のしつけ、他人の目、常識、フツー

そういった自分とは関係ないものに縛られてるんです。

だから一旦、そういったものを全て外して、自分の本当の気持ちを確かめて下さい。

 

大切なのは自分の気持ちを知ること

いかがでしたでしょうか?もし、今すぐ答えが出なくても気にする必要はありません。

これらの3つの質問を受けて、あなたはどう感じたのか?それを考えることに意味があります。

そして何より大切なのは、自分の気持ちを知ること。

そうすれば自ずと、「人生の目的」は見えてくるかもしれません。

もしよければ、これを境に、自分の気持ちと向き合う癖をつけてみるのもいいかもしれませんね。

 

まずは『7日間メールコーチング』で
ライフコーチングを体験してください!

7日間メールコーチング

「ライフコーチングを受けてみたいけど、いきなりマンツーマンのセッションはちょっと…」

「まずは無料でライフコーチングがどんなものか体感してみたい…」

そんな方のために、ライフコーチングをメール形式で体験できる

7日間メールコーチング』をご用意しました。

また、メールコーチングを最後まで受けてくれた方には何やら特典も…

登録は無料ですので、ライフコーチングが気になる方はぜひ登録して下さい!

まずは『7日間メールコーチング』で
ライフコーチングを体験してください!

7日間メールコーチング

「ライフコーチングを受けてみたいけど、いきなりマンツーマンのセッションはちょっと…」

「まずは無料でライフコーチングがどんなものか体感してみたい…」

そんな方のために、ライフコーチングをメール形式で体験できる

7日間メールコーチング

をご用意しました。

また、メールコーチングを最後まで受けてくれた方には何やら特典も…

登録は無料ですので、ライフコーチングが気になる方はぜひ登録して下さい!

この記事を書いている人 - WRITER -
ライフコーチ 大野貴之
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。子供の頃の習い事はピアノ・公文式・水泳。「なぜこんなこともできないの!」と、毎日親から言われ続け「自分は能力がない」と思いこみ、「どうせやっても意味ない」が口癖に。関西学院大学に入学後、「ずっと諦めてきた自分には、やりたいことも将来の夢も何もない」と学ぶ意味を見失い、3ヶ月“半引きこもり”に。卒業後、唯一内定が出た東証一部上場IT企業にSEとして8年間勤務。2017年、6ヶ月連続150時間残業により、うつ病と椎間板ヘルニアを発症。腰痛で寝返りも打てず“死”を意識した事で「もっと自分のために生きたい!」と心の声を聞き、年末に退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。昼夜逆転に9年悩んでいたクライアントの生活改善をサポートするなどの実績がある。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Takayuki Oono Official Website , 2019 All Rights Reserved.