~自分を諦めてる人が、自分を知り、自分の人生に挑戦するために~

変わりたいのに変われないと悩むあなたへ

 
変わりたいのに変われないと悩むあなたへ
この記事を書いている人 - WRITER -
ライフコーチ 大野貴之
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。子供の頃の習い事はピアノ・公文式・水泳。「なぜこんなこともできないの!」と、毎日親から言われ続け「自分は能力がない」と思いこみ、「どうせやっても意味ない」が口癖に。関西学院大学に入学後、「ずっと諦めてきた自分には、やりたいことも将来の夢も何もない」と学ぶ意味を見失い、3ヶ月“半引きこもり”に。卒業後、唯一内定が出た東証一部上場IT企業にSEとして8年間勤務。2017年、6ヶ月連続150時間残業により、うつ病と椎間板ヘルニアを発症。腰痛で寝返りも打てず“死”を意識した事で「もっと自分のために生きたい!」と心の声を聞き、年末に退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。昼夜逆転に9年悩んでいたクライアントの生活改善をサポートするなどの実績がある。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。”自分の価値”がわからない方専属ライフコーチ 大野貴之です。

 

変わりたいのに変われない…そんな風に思う事はありませんか?実はボクもかなりあります(笑)

元々ボクは、30歳くらいまでずっと無気力で生きていました。人生がうまくいかないのなんて当たり前、それが自分だ、そういう人生なんだ、と、もはや悔しさすらありませんでした。

しかし、そんな状態から、「本当はもっといい人生を生きたい」という自分の本当の気持ちに気付いてからは生き方を変え、今はこうしてライフコーチとして生きることを選んでいます。

ライフコーチとして人のために、そして自分のためにより良い人生を目指して毎日頑張っているつもりなのですが、それでもやっぱりふとした瞬間に「あ~オレやっぱり全然変わってないなぁ…」なんて落ち込む事があるんです。

そこで、今日は自分自身への励ましの意味も込めつつ(笑)、同じ様に悩む方に向けて変われないといった悩みについて書いてみようと思います。

 

どうして変われないと思ってしまうのか?

「できる人ならすぐに変われる」と思っている

まず、そもそもあなたはどうして変われないと思ってしまうんでしょうか?

一つ目に考えられるのは「できる人ならすぐに変われる」と思っているパターンです。できる人ならもっとすぐに変われるはずなのに、自分はなかなか変われない。そんな自分はやっぱりダメなんだ…と思ってしまうというやつです。

しかし、このパターンには一つ大きな間違いがあります。それは、「できる人ならすぐに変われる」というところです。実際は、どんな人でも変わるのには非常に時間がかかるものです。例えば、心理学者のアドラーはこんな風に言っています。

『人の性格は一度紙の上で書き換えたからと言ってすぐに変わるものではありません。行きつ戻りつを何百回、何千回繰り返し、生きてきた人生の半分ほどの時間をかけて完全に書き換えを終えるのです。』

生きてきた人生の半分ってマジか…ってボクは軽くショックを受けましたが(笑)、まぁでも性格を変えるというのはそれくらい大変なことで、元に戻ってしまう時があるのも全然おかしいことではないんです。だから、あなたは別にダメじゃありません。それが普通だという事をまずは理解してください。

そして、アドラーは同時に、人は死ぬ2、3日前までは変わることができると言っています。変わるのは大変なことですが、変わるのに遅すぎることなんてないということですね。

 

「早く変わらなければいけない」と思っている

もう一つは、「早く変わらなければいけない」と思っているパターンです。今の自分はダメだから、早く変わらないといけないなんて風に思っていると、完全に変わるまでは自分を責め続けることになると思います。しかし先程説明したように、人が変わるためにはとても時間がかかります。そのため、この考え方のままだと永遠に苦しみ続けて、いつしか自分は変われない…と諦めてしまう可能性も高いと言えるでしょう。

ですので、こういったパターンの人は、今の自分でも十分に素晴らしいということを考えるようにしてみて下さい。まだ完全に変わっていないかもしれませんが、毎日変わろうと努力していることは素晴らしいことだと思います。「良い人間に代わることができれば、ダメじゃなくなる」ではなく、「今の自分はダメじゃないから、どんな人間にも変わることができる」そんな風に考えてみてはいかがでしょうか?

 

さいごに

最後に、昨日ボクはコーチ仲間とコーチングの勉強会をしていたのですが、そんな中、なかなか変われないといったテーマを掲げてクライアント役に臨んだボクに対して、コーチ役の方が欠けてくれた言葉をシェアしたいと思います。それは、

昔の自分に戻りたくないって考えてる時点で、もう昔の自分じゃなくなってるよね?

というものです。ボクはこれを聞いた時、けっこう衝撃が走りました。

確かに、昔のボクならそもそも変わろうなんて考えもしなかったはずで、変わりたい、戻りたくない、と思ってる時点で、それはもう変化しているという事だったんですね。

あなたの場合はどうでしょうか?

今日お話ししたことが、あなたにとって何かいいきっかけになればとてお幸せに思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

まずは『7日間メールコーチング』で
ライフコーチングを体験してください!

7日間メールコーチング

「ライフコーチングを受けてみたいけど、いきなりマンツーマンのセッションはちょっと…」

「まずは無料でライフコーチングがどんなものか体感してみたい…」

そんな方のために、ライフコーチングをメール形式で体験できる

7日間メールコーチング』をご用意しました。

また、メールコーチングを最後まで受けてくれた方には何やら特典も…

登録は無料ですので、ライフコーチングが気になる方はぜひ登録して下さい!

まずは『7日間メールコーチング』で
ライフコーチングを体験してください!

7日間メールコーチング

「ライフコーチングを受けてみたいけど、いきなりマンツーマンのセッションはちょっと…」

「まずは無料でライフコーチングがどんなものか体感してみたい…」

そんな方のために、ライフコーチングをメール形式で体験できる

7日間メールコーチング

をご用意しました。

また、メールコーチングを最後まで受けてくれた方には何やら特典も…

登録は無料ですので、ライフコーチングが気になる方はぜひ登録して下さい!

この記事を書いている人 - WRITER -
ライフコーチ 大野貴之
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。子供の頃の習い事はピアノ・公文式・水泳。「なぜこんなこともできないの!」と、毎日親から言われ続け「自分は能力がない」と思いこみ、「どうせやっても意味ない」が口癖に。関西学院大学に入学後、「ずっと諦めてきた自分には、やりたいことも将来の夢も何もない」と学ぶ意味を見失い、3ヶ月“半引きこもり”に。卒業後、唯一内定が出た東証一部上場IT企業にSEとして8年間勤務。2017年、6ヶ月連続150時間残業により、うつ病と椎間板ヘルニアを発症。腰痛で寝返りも打てず“死”を意識した事で「もっと自分のために生きたい!」と心の声を聞き、年末に退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。昼夜逆転に9年悩んでいたクライアントの生活改善をサポートするなどの実績がある。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Takayuki Oono Official Website , 2019 All Rights Reserved.