~自分を諦めてる人が、自分を知り、自分の人生に挑戦するために~

人の悩みの原因となるビリーフ『見えてはいけない』

 
人の悩みの原因となるビリーフ『見えてはいけない』
この記事を書いている人 - WRITER -
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。元社畜SEで2017年にうつ病と椎間板ヘルニアを発症して退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

ライフコーチの大野 貴之です。

ブログへのご訪問ありがとうございます。

今日からは人の悩みの原因となる24個のビリーフについて、1つ1つ解説していきます。

今日扱うビリーフは『見えてはいけない』です。

※ビリーフって何?といった方は以下の記事を先にご覧ください。

 

『見えてはいけない』はどんなビリーフ?

見えてはいけない』のビリーフを持つ人は「目立ちたくない(目立つのが怖い)」感覚を持ち、学校や職場で常に平均的であろうとします

存在感を出すのが苦手で、飲み会などの人が集まる場でも「あれ、いたの?」などと言われることもしばしば。

逆に心の中にある感覚に反抗している人や、このビリーフが緩まりつつある人は良く目立つようになります。

 

『見えてはいけない』による影響

見えてはいけない』のビリーフによる影響は以下のようなものがあります。

このビリーフを持つ人は全てあてはまるという意味ではなく、あくまでその傾向があるといった前提でご覧ください。

 

服従的な対処行動

  • 存在感を出すのが苦手、怖い
  • (目立たないよう)周りと合わせないといけないと感じる
  • 自分だけ目立ってないか周りが気になる
  • 自己主張ができない
  • 大きな声を出せない

反抗的な対処行動

  • よく目立つ
  • 派手な服を着る
ポイント

ビリーフはそれ自体悪いものではありません。反抗的な対処行動により目立つことがその人の魅力につながっている場合もあります

 

『見えてはいけない』が刷り込まれる場面

暴力をふるったり、大声で怒鳴るなどのとても怖い親からいつも隠れていたなど、子どもの頃に『目立つと怖い目にあう』と感じたことでビリーフが刷り込まれる可能性があります。

他にも『見えてはいけない』が刷り込まれる場面は以下の通りです。

■ 刷り込みの場面

  • 目立つことで嫌な目や危険な目にあった
  • 目立つと叩かれるので隠れていた(いじめなど)
  • 「出る杭は打たれる」などと聞かされて育った
  • 親が目立たない人だった
  • 親が目立つ人だった(それを見て嫌だった)
ポイント

※この場面では必ずビリーフが刷り込まれるといった意味ではありません。あくまで本人がどう受け取ったか次第であり、刷り込まれる可能性を示しています。

 

まとめ

見えてはいけない』のビリーフは「目立つと嫌な目や怖い目にあう」といった感覚から、周りと合わせた平均的な行動を取ることで自ら存在感を消そうとするビリーフです。

目立ちたくない=本当の自分を出せない」でもあるため、自己主張が苦手だったり、人と接するのが苦手な場合も。

このビリーフを取り除くことができれば、徐々に自分の好きな服を着て自分をさらけ出せるようになったり、本来の自分の力を発揮できるようになるでしょう。

 

自分のビリーフを知ることは悩みを根本から解決するための第一歩になります。

まずは日々の行動を振り返り、自分にはどんなビリーフがあるか注意深く観察してみて下さい。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ライフコーチ 大野 貴之

 

まずは体験セッションに
お申し込み下さい!

※ご希望の方のみセッション終了後に継続コーチングのご案内をさせていただきます。
※体験セッションを受けたからといって継続コーチングを強制することはありません。

まずは体験セッションに
お申し込み下さい!

※ご希望の方のみ終了後に継続コーチングのご案内をいたします。
※継続コーチングを強制することはありません。

この記事を書いている人 - WRITER -
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。元社畜SEで2017年にうつ病と椎間板ヘルニアを発症して退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Takayuki Oono Official Website , 2021 All Rights Reserved.