~自分を諦めてる人が、自分を知り、自分の人生に挑戦するために~

コーチは「本当の理想」を聴き取る

 
コーチは「本当の理想」を聴き取る
この記事を書いている人 - WRITER -
ライフコーチ 大野貴之
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。子供の頃の習い事はピアノ・公文式・水泳。「なぜこんなこともできないの!」と、毎日親から言われ続け「自分は能力がない」と思いこみ、「どうせやっても意味ない」が口癖に。関西学院大学に入学後、「ずっと諦めてきた自分には、やりたいことも将来の夢も何もない」と学ぶ意味を見失い、3ヶ月“半引きこもり”に。卒業後、唯一内定が出た東証一部上場IT企業にSEとして8年間勤務。2017年、6ヶ月連続150時間残業により、うつ病と椎間板ヘルニアを発症。腰痛で寝返りも打てず“死”を意識した事で「もっと自分のために生きたい!」と心の声を聞き、年末に退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。昼夜逆転に9年悩んでいたクライアントの生活改善をサポートするなどの実績がある。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

ライフコーチの大野 貴之です。

ブログへのご訪問ありがとうございます。

 

コーチは「本当の理想」を聴き取る

僕は今、毎週金曜日に、
自分が卒業したコーチングスクールの
オンラインクラスのトレーナーをしています。

といってもメイントレーナーは
10年来のベテランコーチの方で、
僕はその補佐、つまりサブトレーナーです。

具体的には、受講生の方々が、
自分自身と深く向き合えるよう、
インタビュアーとして質問をしたり、

コーチングセッション練習の前に、
デモセッションをやらせてもらったり、
ってことをしています。

でもこれが本当に勉強になるんですよね。

受講生の前でセッションをやる緊張とか、
自分としては無意識だったようなとこを
受講生の方からすごいと言われるとか、
受講生のセッションを聴いて、
成長につながるフィードバックをするために、
感じたことを言語化する訓練になるとか、

本当、もはやどっちが受講生?ってくらい
僕にとって学びになる時間になってます。

そしてこの間の金曜日も、
例に漏れず、新たな気付きがありました。
その気付きというのは、

やっぱり皆、本当の願望は
自分でわかっていないな

ってことです。

自分のするデモセッションや、
受講生同士のセッション練習でも、
クライアント役の方が言う「理想」は、
「本当の理想」ではないことが多い。

そして「本当の理想」は、
クライアント自身もよくわかっていない。

そういったことを改めて感じたんです。
でも、これってある意味当然です。
だって、それがわかってるなら、
わざわざコーチングのテーマにしなくても、
自分でどうにかできると思うんですよね。

そして、だからこそコーチは、

表面上の理想ではなく
その奥にある本当の理想の存在を
聴き取らないといけない

  • 本当はやりたくなさそう
  • 理想の割に言葉が軽い
  • 言葉につまっていいづらそう
  • 理想を言う前に変な間があった

そういった些細なサインをキャッチして、
そこをコーチは質問していく。

もちろんそれが正しいかは、
実際に聞いてみないと分かりません。
完全に的外れだったってこともあります。

それでも質問する事に意味があるんです。
質問を受けることでクライアントは、
必ず何らかの刺激を受けます。

  • なんでそう思ったんだろう?
  • たしかに言われてみればそんな気も…
  • それは違うけど別の考えが浮かんだ!

などなど

必ずクライアントの中で
何かしら小さな波紋が生れるんです。

だからコーチは、まず聴く力を
鍛えていかないといけない。

 

クライアントが「話してる事」だけでなく、
「話してない事」を聴く力が必要。

そういったことを改めて
痛感したオンラインクラスでした。

あなたにももし、
『本当はやりたいけど、
なかなかやれていないこと』
があるとしたら、

 

そのやりたいことの奥にある、
本当の理想はいったい何だろう?
そんな風にご自身で考えてみても
面白いかもしれませんね。
最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。

 

ライフコーチ 大野 貴之

 

まずは『7日間メールコーチング』で
ライフコーチングを体験してください!

7日間メールコーチング

「ライフコーチングを受けてみたいけど、いきなりマンツーマンのセッションはちょっと…」

「まずは無料でライフコーチングがどんなものか体感してみたい…」

そんな方のために、ライフコーチングをメール形式で体験できる

7日間メールコーチング』をご用意しました。

また、メールコーチングを最後まで受けてくれた方には何やら特典も…

登録は無料ですので、ライフコーチングが気になる方はぜひ登録して下さい!

まずは『7日間メールコーチング』で
ライフコーチングを体験してください!

7日間メールコーチング

「ライフコーチングを受けてみたいけど、いきなりマンツーマンのセッションはちょっと…」

「まずは無料でライフコーチングがどんなものか体感してみたい…」

そんな方のために、ライフコーチングをメール形式で体験できる

7日間メールコーチング

をご用意しました。

また、メールコーチングを最後まで受けてくれた方には何やら特典も…

登録は無料ですので、ライフコーチングが気になる方はぜひ登録して下さい!

この記事を書いている人 - WRITER -
ライフコーチ 大野貴之
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。子供の頃の習い事はピアノ・公文式・水泳。「なぜこんなこともできないの!」と、毎日親から言われ続け「自分は能力がない」と思いこみ、「どうせやっても意味ない」が口癖に。関西学院大学に入学後、「ずっと諦めてきた自分には、やりたいことも将来の夢も何もない」と学ぶ意味を見失い、3ヶ月“半引きこもり”に。卒業後、唯一内定が出た東証一部上場IT企業にSEとして8年間勤務。2017年、6ヶ月連続150時間残業により、うつ病と椎間板ヘルニアを発症。腰痛で寝返りも打てず“死”を意識した事で「もっと自分のために生きたい!」と心の声を聞き、年末に退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。昼夜逆転に9年悩んでいたクライアントの生活改善をサポートするなどの実績がある。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Takayuki Oono Official Website , 2020 All Rights Reserved.