~自分を諦めてる人が、自分を知り、自分の人生に挑戦するために~

理想の生き方について考えてみる

 
理想の生き方について考えてみる
この記事を書いている人 - WRITER -
ライフコーチ 大野貴之
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。子供の頃の習い事はピアノ・公文式・水泳。「なぜこんなこともできないの!」と、毎日親から言われ続け「自分は能力がない」と思いこみ、「どうせやっても意味ない」が口癖に。関西学院大学に入学後、「ずっと諦めてきた自分には、やりたいことも将来の夢も何もない」と学ぶ意味を見失い、3ヶ月“半引きこもり”に。卒業後、唯一内定が出た東証一部上場IT企業にSEとして8年間勤務。2017年、6ヶ月連続150時間残業により、うつ病と椎間板ヘルニアを発症。腰痛で寝返りも打てず“死”を意識した事で「もっと自分のために生きたい!」と心の声を聞き、年末に退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。昼夜逆転に9年悩んでいたクライアントの生活改善をサポートするなどの実績がある。
詳しいプロフィールはこちら

沖縄で撮った海です。めっちゃキレイでした。

こんにちは。

ライフコーチの大野 貴之です。

ブログへのご訪問ありがとうございます。

 

理想の生き方について考えてみる

今日はマイコーチとのセッションでした。
テーマは「理想の生き方を言葉にしたい」

先日お伝えした通り、
僕は土日で沖縄に行ってました。

そこで見たり感じたりした様々なことから
自分にとっての理想って何だろう?
それを言葉にして、そこに向かって
まっすぐ進みたいと思ったからです。

まずセッションが始まって、
僕の口から出てきたのは、
直感などの感覚をもっと信じたい
それらを使って生きていきたい
そんな言葉でした。

沖縄には本当にノープランで行って、
時間もあまり気にせず、
やりたいことを好きなタイミングでする
って感じでずっと過ごしてました。

でも、不思議とそれがうまくはまって、
結果的にやりたいことも見たいものも
全部できたし、バスとか飛行機とかも
ほとんど時間通りに来たりして、
なんかよくわからないけど、
流れに乗った感覚ってのがありました。

その感覚をこれからももっと信じたい
そういう気持ちがあったんです。

でもこれ、自分で言いながらも
ちょっとだけ違和感があったんですよね。
そう思ってるとすかさずコーチから
フィードバックが飛んできました。

なんか引っ張られてる気がする

そうでした。
初日に会った知りあいコーチの生き方に
若干…いや結構…?引っ張られてました…

そう。完全に感覚だけってのは違う
でも…じゃあ大切にしたいものって何?
理想の生き方ってどんなの?
そもそも「生き方」って……?

コーチは僕の話を静かに聴きつつも、
要所要所で質問やフィードバックをして、
僕の頭の中をうまく揺さぶってくれます。

そして色々会話をしながらも、
最終的にしっくりきた言葉が

思ってること/言ってること/やってること
が一致している生き方

僕はこんな生き方をしたいって
今日のセッションで改めて気付きました。

そう、僕が沖縄にひとりで行って
思うがままに行動して、
とても清々しい気持ちになれたのは、
この3つが一致したからだと思う。

やっぱり現代社会で生活してると、
思ってないことを口にしたり、
言ってることとやってることが
違ってしまうことってありますよね。

それが必要だと言われる場面だって
ビジネスの現場ではたくさんあるでしょう。

でも、僕はそれを極力したくない。
それをしなくても、生きていける生き方。

もっと欲を言うと、

それをしなくても愛とか感謝とか、
人とか自然とか物とか、
それら全てとのつながりを感じられる生き方

そんな生き方がしたくて、
ライフコーチを目指したんでした。

そして僕自身がそんな生き方をすることで、
今、自分のことを諦めてる人、
どうせ自分にはムリだと思ってる人、
そういった人たちに、自分にも
可能性があると知ってもらいたい。

僕だってずっと自分を諦めてて、
これまでも、なんなら今だって、
うまくいかないことがいっぱいある。

でも、それでも自分を知って、
強さも弱さもそれが自分と認めて、
そうして感じることに耳を傾け、
その声・想いを叶えてあげる

それを繰り返していけば、
誰にだって自分らしい人生を送れる
それを証明したいって思う。

今日はそんな自分の生き方、
自分の想い、願いなどに
正面から向き合える時間になりました。

だから好きやねんよな。コーチング。

自分がするのも受けるのも
どっちも大切な時間。

この感覚を多くの人に伝えられるよう
明日からも自分らしく生きていきます。

途中から感情を書き殴った文ですが、
最後まで読んで下さりありがとう。

 

また、ブログ更新しますね。

 

ライフコーチ 大野 貴之

まずは『7日間メールコーチング』で
ライフコーチングを体験してください!

7日間メールコーチング

「ライフコーチングを受けてみたいけど、いきなりマンツーマンのセッションはちょっと…」

「まずは無料でライフコーチングがどんなものか体感してみたい…」

そんな方のために、ライフコーチングをメール形式で体験できる

7日間メールコーチング』をご用意しました。

また、メールコーチングを最後まで受けてくれた方には何やら特典も…

登録は無料ですので、ライフコーチングが気になる方はぜひ登録して下さい!

まずは『7日間メールコーチング』で
ライフコーチングを体験してください!

7日間メールコーチング

「ライフコーチングを受けてみたいけど、いきなりマンツーマンのセッションはちょっと…」

「まずは無料でライフコーチングがどんなものか体感してみたい…」

そんな方のために、ライフコーチングをメール形式で体験できる

7日間メールコーチング

をご用意しました。

また、メールコーチングを最後まで受けてくれた方には何やら特典も…

登録は無料ですので、ライフコーチングが気になる方はぜひ登録して下さい!

この記事を書いている人 - WRITER -
ライフコーチ 大野貴之
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。子供の頃の習い事はピアノ・公文式・水泳。「なぜこんなこともできないの!」と、毎日親から言われ続け「自分は能力がない」と思いこみ、「どうせやっても意味ない」が口癖に。関西学院大学に入学後、「ずっと諦めてきた自分には、やりたいことも将来の夢も何もない」と学ぶ意味を見失い、3ヶ月“半引きこもり”に。卒業後、唯一内定が出た東証一部上場IT企業にSEとして8年間勤務。2017年、6ヶ月連続150時間残業により、うつ病と椎間板ヘルニアを発症。腰痛で寝返りも打てず“死”を意識した事で「もっと自分のために生きたい!」と心の声を聞き、年末に退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。昼夜逆転に9年悩んでいたクライアントの生活改善をサポートするなどの実績がある。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Takayuki Oono Official Website , 2020 All Rights Reserved.