~自分を諦めてる人が、自分を知り、自分の人生に挑戦するために~

悩みの正体は『無意識の矛盾』

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ライフコーチ 大野貴之
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。元社畜SEで2017年にうつ病と椎間板ヘルニアを発症して退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

ライフコーチの大野 貴之です。

ブログへのご訪問ありがとうございます。

 

悩みの正体は『無意識の矛盾』

〇〇したいけどできない…
いつまでもなかなか変われない…

 

そんな風に悩んでる方は
多くいらっしゃると思います。

 

しかしこういった方と
コーチングセッションをした時に
かなりの確率で共通するものがあります。

 

それは、

 

無意識の矛盾】です。

 

やりたいけどやりたくない
やらないと危ないと思ってるけど、
やると危ないとも思ってる
のような類のものですね。

 

これってほんと無意識レベルのもので、
自分一人で見つけるのは至難の業です。

 

まぁ脳科学的にも人は、
どんな天才であっても
自分のことは50%までしか
わからないと言います。

 

残り50%は周りから言ってもらわないと
わからないようになってるらしいです。

 

そしてつい先日、体験セッションに
来てくださった方もまさにこのパターンでした。

 

守秘義務があるので、
もちろん詳細は話せませんが、
簡単に説明すると、

 

言いたいことを言えるようになりたい

でも言いたいことを言うと嫌われる
(と自分では思っている)
⇒そんな自分をどう思う?(コーチ)

ダメだなぁと思う
⇒どうして?(コーチ)

だって思ってることを言わないと、
結局相手に嫌な思いをさせて嫌われるから
(と自分では思っている)

 

どうでしょう?
お分かりいただけましたか?

 

この会話でいうと、★と☆の部分が
まさに矛盾した想いなんです。

 

言いたいことを言うと嫌われる
(=言いたいことを言いたくない)

けど言いたいことを言わなくても嫌われる
(=言いたいことを言いたい)

 

このように相反する望みがあると、
逆方向に引っ張りあって、
結果何もできなくなるんですよね。
そして苦しさだけは残る…
そんな状態になってしまいます。

 

しかし、これは無意識だから苦しいんです。
これが自分で自分の矛盾に気付けると、
その矛盾をどう扱うか、どう変えるか、
自らの意思で自由に選択できるようになります

 

実際、このクライアントさまも、
上記内容をフィードバックした所、
どっちでも嫌われるんなら
言いたいこと言った方がマシだ!
と仰ってました。

 

このように、もしあなたが
やりたいけどできない…
と長い間悩んでいるのなら、
それはもしかしたらあなたの中に
無意識の矛盾があるのかもしれません。

 

そしてその矛盾を見つけるには、
ライフコーチングは非常に最適。

 

今なら体験セッションも無料ですので、
もし今日の話でピンと来たなら、
ぜひ一度、僕にご連絡くださいね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ライフコーチ 大野貴之

ACC合格記念!
体験セッション無料キャンペーン中!

この度、大野の国際コーチング連盟アソシエイト認定コーチ(ACC)合格を記念して、

ライフコーチングの初回体験セッションを無料で提供するキャンペーンを実施しています。

ライフコーチングがどんなものかを無料で体験できるチャンスですので、

気になっている方はぜひこの機会にご利用ください。

※ご希望の方のみセッション終了後に継続コーチングのご案内をさせていただきます。
※体験セッションを受けたからといって継続コーチングを強制することはありません。

ACC合格記念!
体験セッション
無料キャンペーン中!

この度、大野の国際コーチング連盟アソシエイト認定コーチ(ACC)合格を記念して、

ライフコーチングの初回体験セッションを
無料で提供するキャンペーンを実施しています。

ライフコーチングがどんなものかを
無料で体験できるチャンスですので、

興味のある方はぜひこの機会にご利用ください。

※ご希望の方のみ継続コーチングのご案内をいたします。
※継続コーチングを強制することはありません。

この記事を書いている人 - WRITER -
ライフコーチ 大野貴之
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。元社畜SEで2017年にうつ病と椎間板ヘルニアを発症して退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Takayuki Oono Official Website , 2021 All Rights Reserved.