~自分を諦めてる人が、自分を知り、自分の人生に挑戦するために~

ライフコーチングとは

 
ライフコーチングとは
この記事を書いている人 - WRITER -
ライフコーチ 大野貴之
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。子供の頃の習い事はピアノ・公文式・水泳。「なぜこんなこともできないの!」と、毎日親から言われ続け「自分は能力がない」と思いこみ、「どうせやっても意味ない」が口癖に。関西学院大学に入学後、「ずっと諦めてきた自分には、やりたいことも将来の夢も何もない」と学ぶ意味を見失い、3ヶ月“半引きこもり”に。卒業後、唯一内定が出た東証一部上場IT企業にSEとして8年間勤務。2017年、6ヶ月連続150時間残業により、うつ病と椎間板ヘルニアを発症。腰痛で寝返りも打てず“死”を意識した事で「もっと自分のために生きたい!」と心の声を聞き、年末に退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。昼夜逆転に9年悩んでいたクライアントの生活改善をサポートするなどの実績がある。
詳しいプロフィールはこちら

ここでは「そもそもライフコーチって何する人?」そして「ライフコーチングって何?」という疑問にお答えします。

 

そもそもライフコーチって何する人?

あなたは『コーチング』と呼ばれるスキルをご存知ですか?簡単に一言で説明すると、

質問をはじめとした様々な対話を用いて、その人の本音や願望を引き出す技術

のことです。そして、ライフコーチとはその名の通り、人生(ライフ)のコーチングをする人のことです。つまり、これらをまとめると、

コーチングを用いてその人の本音や願望を明確にし、どうすればその人が望み通りの人生を生きることができるかをサポートする人

これが『ライフコーチ』です。

 

大野の考えるライフコーチングとは

僕の考えるコーチングは、人生を真剣に生きたいクライアントの成長を支援する、コーチとクライアントの総合力で織り成すパートナーシップそのものです。(©ライフコーチワールド)

一般的にコーチングは、ビジネスシーンで目標達成のツールとして扱われることが多く、そのために「目標達成」にフォーカスしたコーチングが行われることが多いです。

しかし僕は、「目標達成はあくまで結果であり、その結果を得るのにふさわしい成長を遂げた時、自然と目標は達成される」といった考えを持っており、あくまで「人の成長」にフォーカスしたコーチングを目指しています。

これは、「目標達成」にフォーカスしすぎると、その目標を何故達成したかったのか?を見失ってしまうことがあるからです。

例えば、「家族に幸せになって欲しいから出世して給料を上げたい」といった目標を設定したとします。この時、目標達成ばかりにフォーカスしすぎると、出世するために家族との時間を犠牲にしてまで働くことになるかもしれません。

ですが、それだと本来の目的であった「家族に幸せになってほしい」という部分が完全に抜け落ちてしまっていますよね。だから、「出世して給料を上げたい」ではなく、「家族を幸せにできる人になりたい」といった「人の成長」にフォーカスすべきだと考えるのです。

 

ライフコーチングって具体的に何するの?

ライフコーチング全体の流れ

とはいえ、具体的に何するの?って思いますよね。ライフコーチングの全体像を簡単に説明すると以下の流れとなります。

ビジョン(最終的になりたい姿)の設定

テーマを1つ決めてコーチングセッション
⇒アクションプランの設定

アクションプラン実施

前回アクションプランの振り返り
+新たなテーマでコーチングセッション
⇒新たなアクションプランの設定

このサイクルを月に2~3回のペースで繰り返す

ビジョンの達成

このように、まず初回セッションでライフコーチングを通してどんな状態になっていたいか?(=ビジョン)を明確にします。

それ以降はビジョンに向かって、その時々で向き合うべきテーマを1つ定め、それに対するアクションプランを設定⇒実施⇒振り返りを月に2~3回のペースで繰り返していきます。

テーマと言われると壮大なものをイメージされるかもしれませんが、必ずしもその必要はありません。その時々で気になること、向き合いたいこと、場合によってはテーマを探す所から始めることだってあります。そこはコーチと一緒に臨機応変に進めることができるので安心して下さい

また、アクションプランについても同様です。特別なことをやるのではなく、今できる小さな一歩は何か?といった観点でアクションを設定してきます。

そして、これらを繰り返していくことで、『気がつけば成長している自分』に気付くことになるでしょう。

 

コーチングセッションの流れ

次にコーチングセッションの流れをご説明します。

テーマの設定

理想の状態の明確化

現在の状態の明確化

理想と現状のギャップの明確化

ギャップを埋めるためのアクションの設定

コーチとの対話を通して、「理想」⇒「現状」⇒「ギャップ」⇒「アクション」をそれぞれ明確にしていきます。そしてここでいう「明確にする」とは、「あなたの本心を言語化する」といった意味です。

多くの人は自分の望んでいることや考えていることをぼんやりとしか理解できていません。それらが具体的に言語化できた時、一気に現実味が増すため、自然と行動力が上がります

そのためにコーチは様々なスキルを用いて、あなたの本心を引き出します。これがコーチングセッションの流れです。

さらに具体的な内容が知りたい方は、以下の記事も参考にしてみて下さい。

 

答えはあなたの中にある

コーチングは、コーチが答えやアドバイスを提供するものではありません。あくまで、あなたの中にある答えを一緒に見つけていく作業です。

そのために僕はあなたにあらゆる角度から質問を投げかけたり、時にはあなたがどのように見えるかをフィードバックすることで、あなたが本気で自分と対話できる環境を提供します。

  • 自分のことがわからない
  • 自分に自信がない
  • 自分の価値がわからない

もし、あなたがこんな風に悩んでいるのであれば、一度コーチングを体感してみませんか?

自分の価値を見つけて、自分らしい人生を生きたい

そんな風に本気で思う人を、僕も本気でサポートしています。

 

▼大野のライフコーチングを受けたい方は以下の記事をご確認ください

 

ホームページに訪れて下さった方全員に
無料のE-Bookをプレゼントしています。

「自分には何もない」

「どうせ自分なんて…」

そうやって自分を諦めてる人が、自分を信じるためにはどうすればいいのか?

自分のことが好きで、自分を信じている人とは何が違うのか?

そんな【❾つの秘密】をまとめてみました。

是非今のうちにゲットして下さい。

※注意点※
E-Bookはメールレターにご登録頂いた方にプレゼントしています。
ボタンを押すと、メールレターの登録画面に移動しますので、
こちらに同意される方のみE-bookをダウンロード下さい。

この記事を書いている人 - WRITER -
ライフコーチ 大野貴之
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。子供の頃の習い事はピアノ・公文式・水泳。「なぜこんなこともできないの!」と、毎日親から言われ続け「自分は能力がない」と思いこみ、「どうせやっても意味ない」が口癖に。関西学院大学に入学後、「ずっと諦めてきた自分には、やりたいことも将来の夢も何もない」と学ぶ意味を見失い、3ヶ月“半引きこもり”に。卒業後、唯一内定が出た東証一部上場IT企業にSEとして8年間勤務。2017年、6ヶ月連続150時間残業により、うつ病と椎間板ヘルニアを発症。腰痛で寝返りも打てず“死”を意識した事で「もっと自分のために生きたい!」と心の声を聞き、年末に退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。昼夜逆転に9年悩んでいたクライアントの生活改善をサポートするなどの実績がある。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Takayuki Oono Official Website , 2018 All Rights Reserved.