~自分を諦めてる人が、自分を知り、自分の人生に挑戦するために~

人の悩みの原因となるビリーフ『成長してはいけない』

 
人の悩みの原因となるビリーフ『成長してはいけない』
この記事を書いている人 - WRITER -
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。元社畜SEで2017年にうつ病と椎間板ヘルニアを発症して退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは。

ライフコーチの大野 貴之です。

ブログへのご訪問ありがとうございます。

今日からは人の悩みの原因となる24個のビリーフについて、1つ1つ解説していきます。

今日扱うビリーフは『成長してはいけない』です。

※ビリーフって何?といった方は以下の記事を先にご覧ください。

 

『成長してはいけない』はどんなビリーフ?

成長してはいけない』のビリーフを持つ人は心理的に子どものままで居続ける特徴があります

心理的に子どもであるため、「義務感や使命感が薄い」「他人に依存的で自分で解決しようとしない」「時間によく遅れる」「うっかりミスが多い」などの振る舞いが多くなります。

また、心理的に子どもなだけでなく、発育が遅かったり容姿や服装が実年齢より幼いなど身体的な子どもっぽさにも表れます

 

『成長してはいけない』による影響

成長してはいけない』のビリーフによる影響は以下のようなものがあります。

このビリーフを持つ人は全てあてはまるという意味ではなく、あくまでその傾向があるといった前提でご覧ください。

 

服従的な対処行動

  • 「できない人」の立場を取りやすい
  • 笑って失敗をごまかすことが多い
  • 人に甘えるのが上手
  • 責任のある立場が苦手
  • 自分のことしか考えられない
  • 容姿や振る舞いが実年齢より幼い
ポイント

『成長してはいけない』は反抗的な対処行動に出にくいビリーフです

 

『成長してはいけない』が刷り込まれる場面

幼少期に子どもの成長を恐れる親(いつまでも可愛い子でいてほしい/成長して追い越されるのが嫌など)の元で育つと、子どもは『成長しない方が愛される』『成長すると親が悲しむ』と思い込む可能性があります。

他にも以下のような場面で『成長してはいけない』が刷り込まれる可能性があります。

■ 刷り込みの場面

  • 親が過保護、過干渉だった
  • 親が代わりに何でもやってくれた
  • できない自分を可愛がられた
  • 「子どものくせに…」と否定された
  • 親に期待されずに育った
  • 「大人は大変だ」と聞かされて育った
ポイント

※『成長してはいけない』が刷り込まれる場面には「子どものままの方が愛された」「成長するのを否定された」の2通りがあります。

 

まとめ

成長してはいけない』のビリーフは「子どものままの方が人から愛される」「成長すると危険な目に合う」のどちらかの感覚を持ち、心理的に子どものままでいるビリーフです。

先日ご紹介した『子どもであってはいけない』とは逆のビリーフですが、両方のビリーフを持つ人が多いのも特徴です。(※場面によって出るビリーフが異なる

また、ビリーフは脳の根幹である「脳幹」に刻まれると言われており(※諸説あります)、身体的な特徴にも影響を与えるのが怖い所。

このビリーフを取り除くと、服装が大人っぽくなるだけでなく、身体的にも変化が起こると言われています。

ただし、これまでも何度もお伝えしていますがビリーフはそれ自体が悪いものではありません

本人の悩みになっているかどうかが重要で、『成長してはいけない』のビリーフも人に愛されるのが上手いなどの良い面もあることを忘れないようにしてください

 

自分のビリーフを知ることは悩みを根本から解決するための第一歩になります。

まずは日々の行動を振り返り、自分にはどんなビリーフがあるか注意深く観察してみて下さい。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

ライフコーチ 大野 貴之

 

7日間メールコーチング

ライフコーチングのエッセンスをメール形式で体験できます。

毎日の問いに答えることであなたの見え方や考え方が変わるかもしれません。

7日間メールコーチング

ライフコーチングのエッセンスを
メール形式で体験できます。

毎日の問いに答えることで
あなたの見え方や考え方が
変わるかもしれません。

この記事を書いている人 - WRITER -
自分を諦めてる人専属ライフコーチ 1986年兵庫県生まれ。元社畜SEで2017年にうつ病と椎間板ヘルニアを発症して退職。直後にライフコーチングと出会う。自分を諦めてきた人生を振り返り、「何もない」のではなく「何があるか見ようとしていない」自分に気付く。人の可能性に触れる生き方に使命を感じ、「自分を諦めている人」の人生への挑戦をサポートする為、ライフコーチとして活動開始。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Takayuki Oono Official Website , 2021 All Rights Reserved.